fc2ブログ
                        

#サイトの目的と自己紹介

※このサイトを訪れてくださった方へ

みなさんこんにちは。当サイト「趣味で続けるクラシックギター」の管理人、あしゃおです。クラシックギターのよさを一人でも多くの方に伝えたい。そして、クラシックギターを好きな方がさらに上達されるきっかけになりたい。そんな2つの思いから、本サイトを更新しています。

続きを読む

関連記事

阪急うめだ英国フェア2021では、ウイスキー試飲コーナーは設けられないそうです。。

タイトルそのままですが、阪急うめだの英国フェア2021では、残念ながらウイスキーの試飲カウンターは設けられていないようです。

公式サイトで開催の有無がはっきりとわからなかったため、催事場に電話で確認をさせていただきましたところ、感染状況が収まってはいるものの、今年は試飲含むイートインスペースの設営を見送っているとご説明をいただきました。お忙しいところ個別問い合わせにご対応いただきありがとうございました。


英国フェア2021 | 阪急うめだ本店 | 阪急百貨店
2021/11/23(火・祝)〜11/29(月)
https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/britishfair/index.html

新型コロナウイルスの感染状況の見通しがわからないなかで催事を計画するのは、大変なことだと思います。今年は残念でしたが、来年は開催できたらいいな!
関連記事

大阪梅田のギターバー クラベリトにお邪魔しました。

今日、自由な時間ができたので、大阪梅田の東通りにあるギターバー クラベリトにお邪魔してきました。

東通りのギターバーと言えば関西ギター界の聖地とまで言われたグラナダですが、マスターの体調不良もあり昨年惜しまれながら閉店されました。その後を継いで開かれたのが、バー クラベリトです。公式サイトはなく、facebookでの発信案内をされているようです。
https://www.facebook.com/clavelitobarguitarra/

グラナダには何度かお伺いしたことがありましたが、最近は全然訪れていませんでした。子供がある程度大きくなり、またコロナも落ち着いているので、ギター関係の活動を再開したいなぁと、時間の取れた今日急遽お伺いした、と言った次第。本日は飛び入りデーと言うことで、色んな方の演奏が聞けるだけてなく何と自分も演奏させてもらえる!

クラシックギターでさえ他の方の演奏を聞けるのは久しぶりなのに、アコギやフラメンコ、珍しいクラギによるバッハの弾き語りまで聞けて、あぁやっぱり音楽っていいなぁ、ギターで繋がるって素晴らしいなぁと感じました。あと、もちろんマスターの素晴らしいお人柄の力でしょうね。

またそのうち飛び入りでなくちゃんとひたコンサートさせていただきたいな、と野望を持っておりますので、そのときに備えて、また練習頑張ります~。

演奏曲(自分の)
飛び入り1stステージ
・Op6-8(ソル)
・11月のある日(ブローウェル)
・Op35-17(ソル)

飛び入り2ndステージ
・ラグリマ(タレガ)
・最後のトレモロ(バリオス)
・フランス風ワルツ(クレンジャンス)

急遽で事前に曲目も全然決められてなかったんだけど、その場で弾く曲決めながら破綻せずには弾けたと思います。でもでも、忘れたらどうしよう~と思いながらじゃなく、もっともっと曲の魅力に没頭して弾きたいね!
関連記事

【5ヶ月目に突入】40才からでも相対音感は鍛えられる?おじさんの音感トレーニング日記

2021/11/11 開始5ヶ月目
音階や和音構成音の発声は間違いなく能力が向上してきたけれども、肝心の聞いた音が階名とリンクする感覚はまだ芽生える気配がない。踏ん張りどころかな?

あと、記事読んでます、というコメントもらえたのがめっちゃ励みになってます!ありがとございます!


今年(2021年)の秋には不惑になる筆者が、思い立って相対音感トレーニングを始め、その経過を報告していくの記事です。タイトルには日記って書いたけど、更新は基本1週間に1回だよ!


当ブログでは、ギター練習のコツだとかコンクールに挑戦だ!とか言ってますけれども、私実ははっきり言って音感はありません。ギター歴はそれなりに長いので、楽譜を見て演奏する分には特に困ることはないですけれど、楽器を持たずに楽譜を見てメロディを歌う、聞いたフレーズを楽譜なしで弾く、さらにはコードをあてる、といったことができると、きっと新しい何かに気付けるのでは。

そう思いまして、音感トレーニングを日課としてやることにしました。大人になってからでも後天的に身につけることができると言われる、相対音感の獲得にチャレンジです。

継続チャレンジとしては、実はこのブログそのものも『続けるだけでPVは増えるのか』と言う問いへの検証でもありました。そちらはありがたいことに自分の想定以上の結果を出すことができましたので、興味のある方は下記記事をご参照ください。音感トレーニングも結果が出ればいいなぁ。

趣味ブログ、継続は力で月10,000PV達成しました(2020年8月度)

開始時点(2021年7月7日)の筆者実力


・楽譜があるから弾ける曲ばっかり。聴音能力はほぼ無し
・典型的な三和音ならメジャー/マイナー、ドミナントモーションがわかるかな、くらい。
・座学の知識は、独学ベースでそれなりにある。12音平均律、長短音階、三和音のダイアトニックコードとかはわかる。四和音以上やテンションコードはつらいけど、考えれば、まぁ、それなりに……?

目標


・聞いたフレーズの階名(移動ド)がわかる
・伴奏(コード)をつける
・主調を特定できれば音名がわかる
・初見楽譜でメロディを歌う
・聞いたフレーズをギターで弾く

続きを読む

関連記事

第29回奈良ギターフェスティバルに出演します

11/23(火・祝)に奈良県のやまと郡山城ホールで開催される第29回奈良ギターフェスティバルに、TANGO 03の一員として出演させていただきます。



https://www.facebook.com/1535772403308207/posts/3182084512010313/

先日アンサンブル練習に参加しましたと言う記事を書いたのですが、そのアンサンブルと言うのが上記TANGO 03です。別に前回記事で隠していたわけでは全く無くて、単純にアンサンブルの出自や自分との関係を書くのが面倒だったと言う……(失礼!)

と言っても別に今回の記事でも細かく説明する訳ではありませんが(二重に失礼!)、とにかく縁がありましてTANGO 03のステージに参加させていただき、新参ながらいくつかソロパートも弾かせていただくことになりました。TANGO 03はその名の通り2003年から活動を開始された、間もなく活動20年になろうという老舗アンサンブルです。諸先輩方のタンゴ愛にはまだまだ及びませんが、テクニックと練習でそこはなんとか喰らいついていこうと思います。

・・普通はテクニック不足を気持ちで補う、って言うところなんですけど、ほら20年選手相手に気持ちで補うって、逆に厳しいから…(震え声)。まだ音を覚えてられないところ、弾けないところがあるので、足を引っ張らない演奏ができるよう残り1ヶ月しっかり準備します。自分だけで完結するソロと違って、アンサンブルはプレッシャーすごいわ。めっちゃ練習しよ!

しかし、ギター教室の発表会とコンクール除いたら、ステージなんて本当に久しぶり。楽しみやー!感染状況このまま落ち着いててくれな、頼むぞ。
関連記事

アンサンブル練習に参加しました

緊急事態宣言が解除されたのを受けて、前々から声をかけてもらっていたアンサンブルの練習に昨日参加してきました。

ここのところ、10年くらい?はずっとソロしか弾いていなかったので、ここテンポ上げるの?上げないの?とか、フェルマータの後どうやって入るの?とかのやり取りが凄く新鮮でした。控えめに言って楽しい(’ ’

元々「1曲でいいから参加してよ」と言われてほんとに1曲だけ練習してたんですが、他の曲見るときに楽譜あったほうが楽しいなぁ、と思って練習曲目を確認してたら、メール内に『あしゃおさん追加バージョンです』と言う文面を発見。そう、練習していた曲とは別の曲に、私のパートが追加されていたのである。このときすでに夜の20時過ぎ、軽くめまいを覚える。練習には翌朝8時前には家を出る予定。(もう練習する時間が)ないじゃん。

一縷の望みをかけて総譜を見るも、あしゃおソロパートがあることを確認、涙目になりながらコンビニまで楽譜を印刷に行く。

ちょうど財布に現金がお金がなかったのでATMにて出金。ついで、店員さんに両替を頼む。「プリンタを使うので両替お願いします~」「どのように両替されますか?」「いや、小銭投入できたらなんでもええんやけど」とか言って、いざ機械の前に行くと、千円札入れられるタイプのやつやんけ!俺何やってんや……となりながら、兎にも角にも印刷。。手元に楽譜が揃い家に帰り着いた時点ですでに22時前。…明日のアンサンブル練休もうか、との思いが頭をよぎる。

でもここで休んだら流石に申し訳ないな~、と言うことで気を取り直して参加したら、めちゃくちゃ楽しかったです!行ってよかった!ギター持って楽譜眺めてただけで、ほとんど弾けてないけどな!

とりあえず、迷惑をかけない、から楽しんで演奏する。に転換できるように、練習ぼちぼち頑張ろう、と思ったのでした。

最近は楽譜眺めてうんうん言うことが多いけど、音楽って単純に楽しいもんなんだなぁ、と気付けるいい機会になりました。








関連記事

ブログ運営報告 開始2年4ヶ月で、アクセス数がピークアウトしてきました!

不定期掲載のブログ運営情報です。なんで2年4ヶ月なんて中途半端なときにするのかって?それはね、ふと思いついたからだよ。

(・2010年8月 元ブログ開設)
・2019年 5月 独自ドメイン取得
・2019年 6月 PVカウント開始
・2019年 8月 サイト名変更
・2020年 8月 閲覧数(PV)が単月1万PVを突破
・2021年 1月 単月15,000PVを達成、累計アクセス数は11万を超えました
・2021年 3月 Google Discoverに初掲載
・2021年 9月 月間1万PVは保持、累計アクセス23万PV突破、でもアクセス数自体はピークアウトしてきたわ・・
←今回の報告

ブロガー界隈(?)では、アクセス数○○万!月間収益○桁達成!みたいなのでマウント合戦が繰り広げられることもままあるようですが、それでピークを報告したあと、落ち目の数字を報告しないのはせこいよねーなんとなく。と思うので、PV下落もありのままに報告しようと思います。見ての通りアクセス数は落ちて行ってますね。でも嬉しいこともありました。Google Discoverに初掲載されたのです。

でもそれって逆に言えば、Discoverなしだとアクセスめっちゃ減ってるよね、って話でもあるのだ(血涙)。


続きを読む

関連記事

続きを読む

関連記事

ブログ書く時間が減ってしまった

最近日々の呟きが完全にツイッターに移行してしまったのと、テレワークばかりで通勤時間と言うブログに費やしていた時間がなくなってしまったのとのダブルパンチで、日常の何気ない日記をブログに書く頻度ががとんと減りました。けれどもまぁ、それなりになんとか元気にやっています。


・2ヶ月ほど前に始めた音感トレーニングは飽きずにずっと続けていて、トレーニング映像を流していると家族に「ドレミファおじさんが来た」と言われるようになってきました。

・8月中にワクチンの2回接種できました。接種を希望していたので、ありがたいことです。一方、接種を希望するもまだ予約ができない方、そもそもワクチンを打たないことを選択される方もおられ、そういった分断が身近にも起こるかもしれない、ということは悲しく思います。

・9月に入って義実家に稲刈りの手伝いに行ってきました。ひとまずコロナを持ち込まず、持ち帰らずに済んだようで一安心です。刈った分だけ田んぼが綺麗になっていく様は、達成感を感じられてとても気持ち良いものです。気持ちとは関係なく熱中症で倒れかけたのはご愛嬌。。テレワークばかりでそもそも家から出てない人がいきなり日の下で活動するのは無理があった笑



・ギターは、レッスンを受け続けています。難しい曲をやりたいときと、技巧的には難しすぎない曲で音色や表現を磨くときが、私は交互に入れ替わりますけども、今は後者のとき。ラグリマやアメリアの遺言、ソルの練習曲と言ったものを楽しみながら味わっています。

・コンサートもコンクールは聞きに行けない期間が続いていて残念。打ち上げも好きな身としてはそちらも残念。けれど飲み会のない世界にもようやく慣れつつあるこの頃。そもそももはやノンアルだけでいいのでは?と言う気すらしてくるから不思議なものです。と言いながらたまに家で妻と飲んでます。
関連記事

上手くタイトルが付けられないけど、みんなに会いたいって話です

徒然に書いたためタイトルが上手く付けられませんが、あなたに会いたい、と言う話です。死と向き合うお話です。

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
 自慢ではないが、暇な時間には5chまとめサイトを読む。アンテナサイトと言うのだろうか、まとめサイトのまとめをブックマークして、興味のある記事を読む。野球のこととか笑えるgifとか、ちょっとエッチなのとか。どうでもいいことやくだらないことが大半であとから振り返ると文字通り「時間を潰す」ことが多いので本当に自慢ではないのだが、それでもごく稀には発見や成長が転がってることもある。

 今日は、下記ブログに辿り着いた。タイトルは『グッドバイ』。著者の山口雄也さんがこの世に別れを告げるために記した文章である。この文章を書いた3ヶ月後の2021年6月6日、彼は23歳の若さで逝去された。いや、該記事は3月18日の投稿なので、正確には80日、2ヶ月と19日後だ。3ヶ月、と丸めれば消えてしまうこの11日は、彼が生きたいと願った大切な日々である。この記事を書いた2ヶ月と19日の後に、彼は亡くなった。

グッドバイ - ヨシナシゴトの捌け口

 自分の命が永遠であると本気で信じている人はいないだろう。いつかは私もあなたも、生きとし生けるものはすべてこの世から退場する。地球も太陽すらも永遠ではない。しかし、誰もがいつかは死ぬと言う一般的な事実と、自分や家族、親しい友人に現実に死が訪れることとは大きな隔たりがある。そんな中、10代で癌を宣告され、死と向き合いながら紡がれた彼の言葉は、私の胸を打つ。いや、たまたま彼を知ったきっかけが彼の癌だったというだけで、その内容が死と向き合うものだったと言うだけで、私は彼の文章が好きだ。この文が彼の死後もこうして残ってくれ、巡り合うことができてよかった。今後私が書く文章は、多かれ少なかれ彼の影響を受けるに違いない。

続きを読む

関連記事