FC2ブログ
                        

#サイトの目的と自己紹介

※このサイトを訪れてくださった方へ

みなさんこんにちは、管理人のあしゃおです。クラシックギターのよさを一人でも多くの方に伝えたい。そして、クラシックギターを好きな方がさらに上達されるきっかけになりたい。そんな2つの思いから、本サイトを更新しています。

思えばギターを初めて触ってから30年近くが、クラシックギターを本格的に学び始めてから15年が過ぎました。私の世を忍ぶ昼の姿は会社員です。それでも、地道に練習を重ね、少しずつ音楽の勉強をし、そして何があってもギターを続けてきた。そのおかげで、今でもまだ上達している、と感じています。

そのような考え方やノウハウをみなさんに少しでも還元していきたいと思っています。私よりうまい方や私より詳しい方はごまんといらっしゃいます。しかし、会社員をしながら、家庭を築きながら、趣味としてのギターを愛し続けてきた私ならではの経験は、きっと誰かの役に立つはずだと信じています。

肩書を誇りたいわけではありませんけれど、ここ4年間はコンクールに挑戦し毎回賞をもらっています。語ってる内容はそれなりに耳を傾ける価値はあるんじゃないなな。あったらいいな。

ややこしいことは知らん、という人はとりあえず最初に読んでねタグを読んでみてください。もし面白いと思っていただけるならば、下記のメインコンテンツもご覧いただければありがたいです。

レッスンメモ、演奏のヒント
演奏、練習のコツ
コンクール情報・演奏会情報

管理人のプロフィール/このサイト開設の経緯に興味を持ってくださる大変有り難い方は下記カテゴリをご参照下さい。
連絡先もそちらに記載しています。
詳細プロフィール ※2019/7/20、プロフィールを更新しました
このサイトに関して

続きを読む

関連記事

だから僕は音楽を辞めた 楽曲紹介(ヨルシカ)

※2019年6月の記事の加筆再投稿です※
先日会社の飲み会で後輩と話をしていて、「家とか休みの日とか何するん?」と、典型的な面倒くさい先輩の絡み方をしたんですけれど、

すると後輩は「うーん、音楽とか聞きますよ、最近は『ヨルシカ』とか好きですね」ですって。ん…?ヨルシカ・・ヨルシカ!

あしゃお「ヨルシカいいよね。だから僕は音楽を辞めたとか好きやわ」 
後輩「お!詳しいですね、そうなんですよ〜」
あ「せやろ」(この曲しか知らんけどなー滝汗ー)
と、プチ盛り上がりしました。

どんなところにきっかけが転がってるかわかりませんね。それが好きな音楽の話だなんて素敵じゃないですか。

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
少し挑戦的なタイトルですが、これは私の気持ちではありません。

先日、ギター教室に向かうため車を運転していました。最近は、FM802を聞いています。昔は好きな曲をリピートでひたすら聞いていましたが、最近はDJの軽いトークを聞きつつ新しい曲に出会うのもいいなあ、というので、FM802を流しっぱなしにしていることが多いのです。その日も、何気なくラジオを流しているとですね、よくあるロキノン系?のような曲が流れてきました。「どうでもいい」とか「あんたのせいだ」とか歌っています。若者の曲って感じなのかな~、となんとなく聞いていました。それがこの曲。

ヨルシカ 「だから僕は音楽を辞めた」




この曲が、聞いていると、3分あたりでいきなり曲が変わる。いや、厳密には曲は変わりませんね。しかし、曲のエネルギーが変わることで、私には別の曲に変貌したように聞こえました。

続きを読む

関連記事

10万円以下でお勧めのクラシックギターはありますか?

ご質問

クラシックギターを始めたいと思っているのですが、ギター選びで悩んでいます。予算¥10万円以内でおすすめのモノはありますでしょうか?よろしくお願いします。





ご質問ありがとうございます!

色々お答えしたいことがございますが、まずは簡単に返答いたします。

少し無難な回答になってしまい申し訳ないのですけれど、10万円となると例えば下記で表面版に「松/ シダー」と書かれているものが候補になるかと思います。

小平ギター
http://www.kodairaguitar.jp/products.html

アランフェスギター https://www.siejapan.com/guitar/aranjuez.html

悩ませてしまうと申し訳ないのですが、以下も補足として。

クラシックギターに関しては教室に通われるか経験者に話を聞くのが、上達だけでなく楽しむための近道かと思います。ギター代以外にもレッスン代を確保して教室に通えるのが一番ですけれど、トータル費用を10万円の予算に抑えるように、ギター自体は中古にしたり知人に貸してもらったり、というのも選択肢に入るかもしれませんね。

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
気軽に質問・要望がいただけるように、匿名での質問箱を設置しました。
匿名で聞けちゃう!麻尾 佳史 (Yoshifumi Asao)さんが質問箱を始めました | Peing -質問箱-

https://peing.net/ja/asaoguitar
関連記事

ピンチはチャンス ギターに触れない時こそ、楽譜を読んで練習する

コロナウイルスの件もあるのでアメリカ出張に行くか悩んでいる、と言う記事を先日書きました。悩みましたけど、結局行きますアメリカに。。

しんどいときも我慢して働く日本人の美徳(社畜根性?)がウイルス蔓延の原因の1つだって?大丈夫だ、体調に異変を感じたら出張なんてキャンセルしてやるぜ! と息巻いているときに限って、体調悪くならないもんで🗿 体温測りまくったけど平熱なんだもん、仕方ないよね。。後はアメリカで発症しないことを祈るのみ。。なんて思いながら、この記事を国内線と乗継待ちでシコシコ書いてました。このあと何も無ければ、次の更新はアメリカからの予定です。仕事ぼちぼち頑張るぞー(ぉ~


出張中はギターが弾けない


仕事での出張なので、ギターが弾けない。これはまぁ仕方がないですね。と言うか、私の場合は普段も平日はギターをほぼ弾けてないので、実はそこは大きな問題ではありません。普段から弾けてるに越したことはないんで自慢にはならないですけれど、まぁ事実なので仕方ないですね。こう言うときこそ「普段弾けていないとき」にどう備えができているかが大切になります。

私は今では、ギターを触れない時間を悲観することはほぼなくなりました。ギターに触りたいですし、時間を作る努力は必要ですけれど、無いものねだりをしても仕方がありません。それよりも、「自分はギターを触らない時間に対処できている」と考える方が得策です。

大丈夫、ギターを持たずに練習するから


目の前にギターがあると触りたくなるでしょ?当たり前と言えば当たり前なんですけれど、そこにギターがあれば音を出したくなるでしょ?けれども、実はギターを触らない練習がギターの上達には不可欠なんです。何を言ってるんだ、と思われるかもしれませんが、これはたぶん間違いありません。

続きを読む

関連記事

上がり症で困っているあなたへ 舞台での緊張/度忘れに備えるための対策まとめ

過去記事から、緊張のメカニズムやそれに備える方法、舞台での心得など、労易くリターンの大きいメンタル系の過去記事をまとめました。

プロフェッショナルではない私だからこそ、皆さんと同じ視点で語れることがあると考えています。緊張や度忘れに悩んでいる皆様にとって、何かの気づきになれば幸いです。上がり症のあなたへ、それは生物として極めて正しい反応なんです。緊張はするものだ、その前提から、一緒に練習を始めましょう。

ちなみに私は、下記記事にもあるように過去に舞台で大失敗をしたことがあります。ギターとは別の機会でももちろんあります。それでも、緊張に関する勉強をし、またなんだかんだと経験を重ね、最近はだいぶ図太くなってきました。

と言うか、先日の福田先生の公開レッスンでは、当日の指慣らしなしで、さらに1mの距離から凝視されてるのにも関わらずそれなりに演奏できたと言う、それはそれでどうだろうねと言う状況です。。こんだけ場馴れしてくると、こんどいざ緊張したらヤバいことになりそう。。

続きを読む

関連記事