FC2ブログ

ギターは体の一部? 脳科学からみる、人の体と道具の関係

※本記事は、2012年10月の記事の再投稿です※

毎日忙しいなぁ、なんて言ってたら髪の毛が伸び放題です。そろそろ散髪に行かないと・・。

ところで、この「髪の毛」は、あなたですか?あなたではないですか?
殆どの人は、「自分に決まっている」と言うでしょう。しかし、では散髪した後床に落ちている髪の毛を拾って同じ質問をされたらどうでしょう?この髪の毛はあなたですか?これはもう、自分ではないですよね。

私は昔からこの事をすごく疑問に思っていました。さっきまで自分だったものが、切られただけで自分でなくなることが不思議だったのです。そして、クラシックギターを弾くようになってこの疑問に拍車がかかるようになりました。なぜって、同じ事は髪の毛だけでなく「爪」にも言えて、クラシックギタリストと爪とは文字通り「切っても切れない」関係だからです。

クラシックギターを弾く人は、弦を押さえる左手の爪は短く切り、弦をつまびく右手は紙ヤスリを使って磨くわけです。右手の爪は、もうこれは自分の一部、まさに商売道具で丁寧に丁寧に磨きます。しかし、左手の爪は伸びてくると「邪魔だなー」てなもんでちょっきんです。そして、そんな左右不揃いな指先を見るにつけ、「自分と自分以外を分ける境界線ってなんなのだろう」なんて思うわけですね。磨いている右手の爪は「自分」なのに、切った左手の爪は、そこに落ちていて自分ではないのですから。

さて、話はクラシックギターのまつわる話に変わります。

学生時代のある時、私はジュリアーニの「大序曲」に取り組んでいました。この曲は、華やかで美しくて、しかもギターの性質をうまく引き立たせている素晴らしい曲ですね。私は、この難曲を弾き通せるようになったこと、しかも(当時の自分なりには)指が回って弾ける(と思い込んでいた)状態で、「俺もうまくなったもんだ」と要するに天狗になっていました。そして、ギター教室の発表会でいざ本番に臨むと、これが指が回らない。焦って弾けば弾くほどギターが遠くに行ってしまう感覚。確かに抱いているはずのギターが、「こんな取り組み方じゃ相手してあげないよ」と私を置いてどこかにいってしまいました。この残念で貴重な経験は、私に「いかにギターと一体になることが重要か」と言う課題を突きつけてくれ、その後の取り組み方を考える契機となりました。

続きを読む

ギターがうまくなる魔法はあるか アナと雪の女王に見るエルサの本当の凄さとは

Let it go 〜ありのままで〜 で一斉を風靡したディズニーアニメ「アナと雪の女王」では、雪の女王ことエルサが使う雪の魔法は、多くの子どもたちを虜にしました。スケートなんか楽しそうだし、雪だるま作れるとか素敵やん?そしてなによりも、これから自分は自由になるんだとの気持ちで歌い上げるLet it go、そこで雪のお城を建てるシーンは圧巻です。

エルサの魔法凄い!お城が建てられるなんて! ・・いやいや、ちょっと待ってください。雪を自由に発生させる魔法が使えるようになったところで、普通はお城は建てられないです。エルサが凄いところは、魔法が使えることではないんですよ。

あなたは、手から雪を出せるようになったとしてお城を建てられますか?

続きを読む

アラフォーギタリストの私がいまさらツイッターを始める5つの理由

このブログをご覧になっているかたには自明のことですが、わたくし、ブログをやってます。

ですが、mixiはほったらかし、ツイッターやってない、Facebookもたまにしか見ない、ラインやってない、と言う感じでして、実はネットのこちら側で完結してるタイプの人間です。

そんなアラフォーの私が、この度ツイッターを始めることにしました。その理由を5つにわけて紹介したいと思います。


①多くの方にブログをみてもらいたい
まぁ、発端は単純なものです。多くの方にブログを見てもらいたい。ブログ更新時に通知を出せば多くの方に訪問してもらえるのではないか・・。しかし、これは大きな理由ではあるものの、実は優先順位は低いんです。

私がブログを始めた理由は、。
プライベートで私を知った人に、自分のことを伝えたい。そして、そこを間口としてクラシックギターの良さを伝えていきたい。しかし、ブログを続けるうちに、もっと多くの人に自分のブログを読んでもらいたい、と思うようになりました。それに値する発信が、自分だから伝えられる内容があるのでは、と思うようになってきました。と言えば格好つけてますが、まぁ自己顕示欲ですわね。

続きを読む

断定ブログは信用するな

インターネットが世に現れて20年余、情報の流通に関して世の中は大きく変わった。特に情報発信はマスコミ=マスコミュニケーションだけのものではなくなり、1個人が少ないコストで情報や思いを全世界に向けて発信できるようになったのだ。

2006年、もう10年以上前になる梅田望夫の「ウェブ進化論」では、ウェブ上での知識集約を2種類に大別して紹介している。1つ目はウィキペディアに代表される「オープンだが、誰かが作成した仕組み」に対して個が働きかけ知識を集積するシステム。2つ目は、独立した個が各々行動することで、自動的に発生する秩序、群衆の叡智『wisdom of clouds』だ。

現状では、これらの取り組みは失敗に向かっているのではないか。残念ながらそう思っている私がいる。ウィキペディアはさかんに募金をつのっている。そして雑多な発信は、その真意が定かではないもの、さらにそれをコピペしたような内容の文章で溢れてきた。情報発信がマスメディアだけのものでなくなり、信頼は権威の手から離れた。低コストで情報を収集できるようになったそのうらで、情報に対する信用が下がってきてはいないか。これから、我々は何を信じればいいのか。

性格も能力も違う人に、「東大生の勉強術」が本当に役に立つのか。身長も体重も異なるあなたに、プロ野球選手の技術をそのまま適応できるのか。与えられる情報を咀嚼し消化する責任は、もはや受けて側にある。

こと音楽に関しては、正解なんてものはないと思ったほうが良い。もしそんなものがあるのなら、人間が音楽をする必要すらなくなるであろう。AIに任せて最適解を提供してもらえばよいのだ。でも、それはあなたが音楽に、芸術に望むことかい?

音楽のイデアは存在しない。その観点に立ったものは、みな自らのパースペクティブでそれぞれの音楽を求めなければならない。インターネットがどんなに進化しようと、検索システムがどんなに良化されようと、それは解決策足りえない。なぜなら、そこに答えはないからだ。

自分の意見を「正しい」と言い切れる人は、よほどの自信家か、かなりの勉強家か。意見の多様性を感じられない人の正しさを疑う自分の意見を持て。

断定ブログなんて、信用するな。

ブログの投稿を続けてわかったこと

ブログ強化月間と言うのを4月に始め、5月に入ってからは毎日投稿を続けてみました。そうして、わかったことがあります。

・エッセイ的な、思いつくままに綴る系は、比較的簡単にかける。しかし、決まった結論に向けて肉付けするのは、難しい。

こうして言葉にしてみると、何当たり前の事を言ってるんだ、といった感じになりますが、、 普段考えているつもりのこと、理解しているはずのことでも、系統建てて論じようとすると意外と辻褄が合わなかったり、補強が必要だったりするものですね。インプットだけではなく、アウトプットすることも大切、という事を身にしみて感じることができました。

・音楽と言葉には似ているところがある。
記号を判別し、中身を理解し、表現する。文字と言葉の関係は、楽譜と音楽の関係に通じるところがある。ブログを通じて改めて言語を使い母国語と向き合う中で、音楽に関しても新たな視点を持つことができました。

こう言ったメタ的な視点というのは、人間を人間たらしめる重要な能力の1つだと思うんですよね。原子の構造を学んで、太陽系の動きを思い出す、とか。


・継続ってたいへん
はい、これはやる前からわかってました。、でも、なんだかんだ5月いっぱいまで続けることができました。これもひとえに皆様の応援のおかげです。いや、ほんとに拍手機能をポチッとしていただける回数が明らかに増え、やってみてよかったなと思っています。

正直なところ、思ったよりネタ切れ感はなく、書いてみたいことは色々あります。しかし、それを毎日「発信すべき」レベルまで仕上げるのには息切れ感があります。今日みたいな日記なら続けられますが、それをすると「ギターブログ」としての濃度が落ちていくことになりますよね。

数値目標をたてることは大切ですが、それにとらわれて当初目的=クラシックギター好きに一人でも多くなってもらいたい、に繋がらない行動となっては元も子もありません。

今後は、本数よりは質を重視するように目標を変更し、皆様の役に立てるブログを目指します。しかし、単に「毎日じゃなくていいや~」とするとダラダラ更新しなくなるのも目に見えていますので、週2本、有用な記事、のような適切な目標を考えていきます。

ちなみにこれも、仕事での問を趣味にも展開した、メタ的な考えですね。有用な記事、の指標が欲しくなってくるところです。。


1愛好家ではありますが、1愛好家だからこそできることを今後も続けてまいります。これからも宜しくお願いいたします。

麻尾