FC2ブログ

[傾向と対策⑤] 第44回ギター音楽大賞 上級部門 演奏曲目

※この記事ではコンクールに関する少し繊細な部分に触れることになりますが、入賞された方はもちろん、入賞を逃された方/審査員/運営等すべての方への非難は一切目的としていないことをご理解いただいたうえでお読みいただけると大変ありがたく存じます。※

先日4/27に行われました第44回ギター音楽大賞 上級部門の演奏曲目と受賞者/受賞曲を紹介します。
(同日に行われました、一般部門の記事はこちら


第44回ギター音楽大賞 上級部門 出場10名
2019年度より新設。
・予選(録音審査):ベネズエラ風ワルツ No.2 A.ラウロ
 ※初年度にかぎり、過去5年間の一般部門で入賞したものは予選を免除
・当日は自由曲の演奏のみ。演奏順は当日の抽選にて決定

〇入賞者および演奏曲目 氏名の前の数字はエントリーNo.(50音順)を示す
金賞   2. 阿高 寛帆さん: ギター讃歌 E.S.デ・ラ・マーサ
銀賞   3.今津 彩子さん: あるタンゲーロの死に寄せる哀歌 第2、3
銅賞   5.蔵本 浩史さん: メヌエット op.11-6、コンポステラ組曲より プレリュード F.モンポウ
奨励賞  1. 麻尾 佳史  : カプリッチョ F.クレンジャンス
奨励賞  9. 徳永 大地さん: アッシャーワルツ N.コシュキン

以下、他の演奏曲目
朱色の塔 I.アルベニス
セビリアーナ J.トゥリーナ(2名)
BWM1006a プレリュード J.S.バッハ
3つのメキシコ民謡 I,II,III M.M.ポンセ

審査委員長 猪居謙さんの講評。
普段からホールを意識した練習を。指と爪だけで音をだすのでなく、腕や肩、全身で音を響かせる意識を。とのことでした。これは今の私の大きな課題の一つだと思います。

金賞を受賞された阿高さんの演奏曲ギター讃歌。作曲は暁の鐘で有名なデ・ラ・マーサです。私、この曲知らなかったんですよ。今回のエントリーで曲名を知って確認したレベルですが、美しい曲ですね。ポンセの「3つのメキシコ民謡」も知らなかった。舞台袖で演奏を聴きましたが、これもいい曲で、いい演奏をされていました。しかし、私の弾いたクレンジャンスもめちゃくちゃいい曲ですよ!今のところなぜかYouTubeにも見当たらない隠れすぎた名曲なので、また演奏を公開したいと思います。


審査員の方とお話ししたときに、「演奏者の体調はもちろん、演奏順や客の入り方などで結果が変わるような、同じ人同じ演奏曲で次の日にもう一度審査したら順位が変わるような接戦でしたよ」とのお慰め?の言葉をいただきました。でも逆に言うと、そこにこそ埋められない差があるようにも感じるんですよね。。というわけで、今回は何を書いても悔しさが先行してしまうため、純粋な曲目紹介でこのまま終わります。

過去の傾向と対策シリーズ
傾向と対策④ 第44回ギター音楽大賞 一般部門 演奏曲目
傾向と対策③ 第43回ギター音楽大賞 一般部門 演奏曲目
傾向と対策② 第42回ギター音楽大賞 一般部門 演奏曲目
傾向と対策① 第41回ギター音楽大賞 一般の部 演奏曲目

tag : コンクールの傾向と対策, お役立ち情報,

[傾向と対策④] 第44回ギター音楽大賞 一般部門 演奏曲目

※この記事ではコンクールに関する少し繊細な部分に触れることになりますが、入賞された方はもちろん、入賞を逃された方/審査員/運営等すべての方への非難は一切目的としていないことをご理解いただいたうえでお読みいただけると大変ありがたく存じます。※

先日4/27に行われました第44回ギター音楽大賞 一般部門の演奏曲目と受賞者/受賞曲を紹介します。

今年の特徴をあえて挙げるならば、2つ。金賞銀賞が「エチュード」で占められたこと。銅、奨励賞の演奏曲目は他の演奏者と重複していたこと。

実は、最近になってようやく私が実感できるようになったことがあります。楽譜の解釈/理解に基づいた演奏と、耳や指で覚えた演奏には違いがある。ある種通説であるこの事実を、自分の感覚として分かるときが出てきました。それからは今まで以上に、音楽が楽譜から始まることの素晴らしさと怖さを胸に刻んで楽譜に向き合うようにしています。これは、気持ちの昂ぶりに従って弾くこととは矛盾しないと思うんですね。

エチュードや定番の重複曲から受賞曲が出る、こういったある意味当たり前の結果を受け止めるにあたり、曲の解釈/楽譜との向き合い方を改めて考えることが重要なのではないかと感じました。

一般部門審査員長 足立由香里先生の講評としては、基礎練をしっかりすること、自分の楽器の音の大きさを知ること、というポイントと合わせて、「表現しようとしてリズムを崩しすぎず、節度をもって」というものがありました。これは「あくまで楽譜を忘れないでください」ということに帰す類のものだと私なりには解釈させていただきました。


第44回ギター音楽大賞 一般部門 出場26名
〇入賞者および演奏曲目(氏名の前の数字は演奏順を示す)
金賞  25. 太田 俊彦さん: エチュード第8番 G.レゴンディ
銀賞  19.志間 史崇さん: エチュード第1番、第11番 H.ヴィラ=ロボス
銅賞  24.中村 文さん:  アラビア風綺想曲 F.タレガ
奨励賞  2. 田中 かすみさん:プレリュード第1番 H.ヴィラ=ロボス

以下、他の演奏曲目

リュート組曲 BWV997 プレリュード J.S.バッハ(2名)
澄み切った空 Q.シネシ
パッサカリア S.L.ヴァイス
マルボローの主題による序奏と変奏 Op.28 F.ソル
リブラ・ソナチネよりフォーコ R.ディアンス
フーガ BWV1000 J.S.バッハ
そのあくる日 R.ゲーラ
ワルツ第3番 A.バリオス
母の涙 J.O.ケイロス
アラビア風綺想曲 F.タレガ
グランワルツ F.タレガ
スペイン風セレナーデ J.マラッツ(タレガ編)
カヴァティーナ組曲よりプレリュード、ダンサ・ポンポーサ A.タンスマン
ギターのためのソナタより第1楽章、第4楽章 A.ヒナステラ
タレガ賛歌 ガロティンとソレアレス J.トゥリーナ
ワルツ ホ長調 Op.32-2 F.ソル
サパテアード R.S.デ・ラ・マーサ
BWV998 プレリュード J.S.バッハ
乙女の祈り T.バダジェフスカ
大聖堂より第2、第3楽章 A.バリオス
プレリュード第1番 H.ヴィラ=ロボス
ヘンデルの主題による変奏曲 M.ジュリアーニ

※この第41回ギター音楽大賞から始めたこのシリーズ、見てる人いるのかなぁ、と思っていたら、なんと今44回の入賞者の方とご挨拶したときに「ブログの演奏曲目見ました」と言っていただけました。いや、嬉しかったです。

過去の傾向と対策シリーズ
傾向と対策③ 第43回ギター音楽大賞 一般部門 演奏曲目
傾向と対策② 第42回ギター音楽大賞 一般部門 演奏曲目
傾向と対策① 第41回ギター音楽大賞 一般の部 演奏曲目

tag : コンクールの傾向と対策, お役立ち情報,

奨励賞をいただきました。

4/27(土)に大阪守口市で行われました第44回ギター音楽大賞の上級部門に参加し、奨励賞を頂くことができました。
コンクールに出るようになって4年、これで4年連続4回目の奨励賞となりました・・。

いや、もちろん奨励賞をいただけたこと自体は嬉しく、喜ばしいことなんです。けれども、今回は一番好きな曲を、自分で納得がいくレベルで演奏ができたので、金賞とは言わなくても銀賞か銅賞には入りたかったな、、と正直に言って悔しさが残りました。

それとは別に、とても嬉しいことが2つありました。1つは、演奏を聴いてくれた後輩が「コンクールでどうなのかはわかりませんが、コンサートなら私にとっては一番の演奏でした。」と言ってくれたこと。もう1つは、初めてお会いする方に、「ブログを見て音楽大賞の演奏曲目まとめを参考にしました」と言っていただいたこと。自分の活動が誰かに届く。これほど嬉しいことはありません。

コンクールで上位に入ることが目的と化してしまわないよう自戒しつつ、自分の足りないところを補い、いいところを伸ばす気づきとなるようコンクールを活用したいと思います。とは言え一方で、そのような甘い考えでとれるほどぬるいコンクールでもない、ということも肌で感じる機会となりました。賞を取るための演奏/曲と、自分のやりたい演奏/曲を一致させることができるのか。コンクールに挑戦し始めてまだ4年、諦めるほど頑張っていない、できることはまだまだあると思うので、もう少し頑張ってみます。

(でも最近このコンクールのレベル上がりすぎじゃないかなぁ・・)おっと心の声が漏れてしまった。

麻尾

猪居定演に出演してきました

昨日4/7(日)に、お世話になっている猪居ギター教室の第57回定期演奏会に出演してきました。

悪くない演奏はできたと思いますが、もう少し自分に期待したいところもありました。また、周りの方の演奏からも刺激を受けました。また新たな気持ちで練習を頑張れそうです。まずは今月末のギター音楽大賞を目標に、もう少し頑張ろうと思います。

主催の猪居先生、賛助/協賛のみなさま、演奏者の皆様お疲れ様でした、お世話になりありがとうございました。

4月の出演予定

普段なかなか人前で演奏する機会がありませんが、2019年4月には下記演奏会およびコンクールに出演/出場予定です。

猪居ギター教室 第57回定期演奏会

習い始めて15年ほどになるのでしょうか・・。お世話になっている猪居ギター教室の定期演奏会に出演します。
今年は4/6(土)と4/7(日)の2回に分けての演奏会と言うことで、そのことからも規模の凄さがわかりますね。
両日とも 18:10開演で、メイシアター小ホール(阪急吹田駅前)にて行われます。

私は4/7(日)の方に参加します。次の月曜日年休とりたい・・。演奏予定は下記2曲です。

・CAPRICCIO/ Francis KLEYNJANS
・Valseana (2nd Mov. of Aquarelle)/ Sergio ASSAD

2曲とも、長年弾き続けているスルメ曲です。そんな隠し玉的スルメ曲を、諸事情により今年同時に発表することになりました。「新曲の譜読み、弾き込みが間に合わなかったらこの曲を発表しよう」という隠し玉を使い切ることになったので、来年以降の発表会が今から心配です(汗)。全国の麻尾ファンの皆さんは、ぜひ今年のうちに聞きにきてください。。

この記事を書くために曲のタイトルおよび作曲者を確認していて気づいたのですが、2曲とも David Russellに献呈された曲ですね!ずっと好きで弾いてきた曲に今さらながら共通点を見つけ、凄く興奮しています。

第44回ギター音楽大賞
4/27(土)、4/28(日)の両日に開催されますギター音楽大賞、今年は新たに設定された上級部門に挑戦します。
上級部門は4/27(土)の方ですね。

チラシを見た瞬間、1.麻尾 佳史 というのが目に入ったので、「やってもうた~(1番は嫌だ~)」と思っていたら、50音順とのことでほっとしました。どうやら当日抽選で演奏順が決まるようですね(こんなこといっといて当日一番を弾いたら目も当てられない)。

上級部門ということで悔いのない挑戦としたいとの思いから、上にも挙げたCAPRICCIO/ Francis KLEYNJANS でエントリーしています。大好きな作曲家の一番好きな曲です。コンクールとなるとどうしても結果を求めたい気持ちを隠し切れないのですが、いい演奏をして曲の良さを伝える、と言う演奏の本筋を見失わないよう、準備をしていきたいと思います。
プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
麻尾佳史と申します。
プロフィールはコチラです。

検索フォーム
カテゴリ
タグ

動画リンク 曲・楽譜 日記 お役立ち情報 演奏・練習のコツ ギター・弦 音楽論 お勧めの本 コンクールの傾向と対策 サイト紹介 自己紹介 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ