FC2ブログ

福田進一先生 公開レッスン

猪居亜美さん主催の福田進一先生公開レッスンを本日受講しました。

自分のレッスンはもちろん非常にためになり、また他の方の聴講も勉強になり、そして打ち上げもめちゃめちゃ楽しくて、最高の一日でした!^^

続きを読む

愛好家向けギターコンクールまとめ



※2019/7/8※
第45回ギター音楽大賞の課題曲が決定しました。 上級部門はプレリュード第2番(タレガ)とのことです。昨年同様の予選免除があるかや締切に関しては追加情報を待ちましょう。

※2019/7/7※
生田カップに関する内容を追記しました。
名古屋を中心に活躍される生田直基さんが、「理想のコンクール」を目指して今年から開催されるということです。初年度はスポンサーなしで自腹でやる、とのことで、逆にその意気込みに感じるところがありますね!申し込み締め切りは9/30とのことで、今からでも間に合いますよ。



クラシックギター愛好家向けのコンクールをまとめてみました。コンクールはプロを志す方にとって登竜門であるだけでなく、愛好家の方にとっても有効活用できるものであると思います。本記事は、定期的に更新します。

例えば、、
・マイルストーンを設定することでモチベーションを持ってギターに取り組める
・課題曲を練習することで、世界が広がる
・同じ志を持った人の演奏を聴くことで刺激が得られる。仲間が増える。
・「コンクールの意義」なんても記事も過去に書いてみました。


続きを読む

松尾俊介 ギターリサイタル&マスタークラス(6/16, 6/17)

※6/15、記事最後にマスタークラスの受講予定曲を追記しました※

来たる2019/6/16, 6/17に、松尾俊介さんのギターリサイタルとマスタークラスが開催されます。東京に拠点をおき、全国区で活躍される松尾さんの待望の関西遠征です!とあおっておきながら、実は私、松尾さんの生で演奏聞いたことがございません・(ノД`)・゚ まぁCDでもYouTubeでもその圧倒的な技術力と表現力が光っている方ですので、生ではもっと圧巻なのでしょう。体験していないだけに案内としては少しテンションが控えめで申し訳ございません。。

今回も、なぜか平日の17日の方が調整がついたのでマスタークラスに参加させていただく予定です。16日はいけるのかどうなのか・・。というものの、時間の都合がつく方は是非聞きに行ってみてください。

マスタークラスに関しては、大阪ギタースクールのサイトでは、まだ受講生募集中となっていますね。更新されてないだけかわかりませんが、興味がある方は勇気を出して問い合わせされてみてはいかがでしょうか。受講だけでなく聴講もためになると思いますので、気になるけど人前でレッスンはちょっと・・と言う方は、まずは聴講からスタートされることをお勧めします。

以下、大阪ギタースクールのサイトより引用です。

松尾俊介ギターリサイタル
2019年6月16日(日)開演15:30 開場15:00
会場BUNROKU 文禄堤薩摩英国館
プログラム
J.S.バッハ / シャコンヌ
M.M.ポンセ / ガレガの歌、ワルツ、エストレリータ
タレガ / 椿姫の主題による幻想曲 他
入場料 <予約制 当日500円増>   
一般 2500円 シニア・大学生 2000円 
小中高生 1000円
後援 猪居ギター教室 日本ギタリスト会議


マスタークラス
6月17日(月)
13:00〜18:00
受講料 一般13000円 学生10000円
聴講料 2000 円
会場 大阪ギタースクール
主催・予約申し込み 大阪ギタースクール
TEL 06-6992-3804 masami@osaka-gs.info


私あしゃおはM.M.ポンセ イ短調よりプレリュードで受講予定です(余力があればサラバンドも少し見てもらいたい)。私自身は、好きな曲であるもののあまり弾き込めていない曲なのですが、ヴァイス伝として発行された経緯や時代考証的な観点など聞いてみたいことが色々あり、楽しみにしています。

※2019/6/15追記※
マスタークラスの受講予定曲を入手しました。名前が消されているのは、会社休んで来る人への配慮でしょうか・・?笑 私は14時からのコマです〜。
20190615212901737.png

猪居信之 還暦記念ギターリサイタル

昨日6/8に行われました、猪居信之還暦記念ギターリサイタルを聞きに行ってきました。プログラムは下記の通り。
先日たまたま福田ショック以前と以降に関しての記事を書いたところでしたが、図らずも今回のコンサートは福田ショック以前の大御所 猪居信之先生と、福田ショック後の新世代の代表格 猪居兄妹の共演で、演奏曲目もまさにその内容に沿う演目になりました。

2019年6月8日(土)、吹田市文化会館メイシアター小ホール
第一部
猪居信之ソロ
F.ソル:エチュード~Op.6-8, 31-23, 35-33, 17
F. タレガ:ラグリマ、アデリータ、夢、マリエータ
H.ヴィラ=ロボス:5つのプレリュード
G.ノイマン;愛のワルツ
G.クレスポ:ノルテーニャ

第二部
猪居亜美ソロ
 L.ブローウェル:オリシャたちの儀式より第2楽章
 H.ヴィラ=ロボス:エチュード第12番
猪居謙ソロ
 M.カステルヌオーヴォ=テデスコ:悪魔の奇想曲
猪居信之&猪居亜美
 A.ピアソラ:来るべきもの
猪居信之&猪居謙
 武満徹:ヒロシマという名の少年
猪居信之&猪居亜美&猪居謙
 E.サティ(高本健児編曲):ジュ・トゥ・ヴ

アンコール
 H.ヴィラ=ロボス:エチュード第11番


続きを読む

[傾向と対策⑤] 第44回ギター音楽大賞 上級部門 演奏曲目

※この記事ではコンクールに関する少し繊細な部分に触れることになりますが、入賞された方はもちろん、入賞を逃された方/審査員/運営等すべての方への非難は一切目的としていないことをご理解いただいたうえでお読みいただけると大変ありがたく存じます。※

先日4/27に行われました第44回ギター音楽大賞 上級部門の演奏曲目と受賞者/受賞曲を紹介します。
(同日に行われました、一般部門の記事はこちら


第44回ギター音楽大賞 上級部門 出場10名
2019年度より新設。
・予選(録音審査):ベネズエラ風ワルツ No.2 A.ラウロ
 ※初年度にかぎり、過去5年間の一般部門で入賞したものは予選を免除
・当日は自由曲の演奏のみ。演奏順は当日の抽選にて決定

〇入賞者および演奏曲目 氏名の前の数字はエントリーNo.(50音順)を示す
金賞   2. 阿高 寛帆さん: ギター讃歌 E.S.デ・ラ・マーサ
銀賞   3.今津 彩子さん: あるタンゲーロの死に寄せる哀歌 第2、3
銅賞   5.蔵本 浩史さん: メヌエット op.11-6、コンポステラ組曲より プレリュード F.モンポウ
奨励賞  1. 麻尾 佳史  : カプリッチョ F.クレンジャンス
奨励賞  9. 徳永 大地さん: アッシャーワルツ N.コシュキン

以下、他の演奏曲目
朱色の塔 I.アルベニス
セビリアーナ J.トゥリーナ(2名)
BWM1006a プレリュード J.S.バッハ
3つのメキシコ民謡 I,II,III M.M.ポンセ

審査委員長 猪居謙さんの講評。
普段からホールを意識した練習を。指と爪だけで音をだすのでなく、腕や肩、全身で音を響かせる意識を。とのことでした。これは今の私の大きな課題の一つだと思います。

金賞を受賞された阿高さんの演奏曲ギター讃歌。作曲は暁の鐘で有名なデ・ラ・マーサです。私、この曲知らなかったんですよ。今回のエントリーで曲名を知って確認したレベルですが、美しい曲ですね。ポンセの「3つのメキシコ民謡」も知らなかった。舞台袖で演奏を聴きましたが、これもいい曲で、いい演奏をされていました。しかし、私の弾いたクレンジャンスもめちゃくちゃいい曲ですよ!今のところなぜかYouTubeにも見当たらない隠れすぎた名曲なので、また演奏を公開したいと思います。


審査員の方とお話ししたときに、「演奏者の体調はもちろん、演奏順や客の入り方などで結果が変わるような、同じ人同じ演奏曲で次の日にもう一度審査したら順位が変わるような接戦でしたよ」とのお慰め?の言葉をいただきました。でも逆に言うと、そこにこそ埋められない差があるようにも感じるんですよね。。というわけで、今回は何を書いても悔しさが先行してしまうため、純粋な曲目紹介でこのまま終わります。

過去の傾向と対策シリーズ
傾向と対策④ 第44回ギター音楽大賞 一般部門 演奏曲目
傾向と対策③ 第43回ギター音楽大賞 一般部門 演奏曲目
傾向と対策② 第42回ギター音楽大賞 一般部門 演奏曲目
傾向と対策① 第41回ギター音楽大賞 一般の部 演奏曲目