FC2ブログ

音律と音階の科学

音律と音階の科学 ドレミ・・・はどのようにして生まれたか
小方 厚著、講談社ブルーバックス
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


今日は、調弦と平均律に関して少し書いて見たいと思います。と言っても、説明するところまでは行きませんが・・。

クラシックギターを演奏するにあたり、最初に覚えなければならないことの一つが「調弦」です。調弦とは、ギターの弦6本をそれぞれ演奏に適した音程に合わせることを言います。チューニングともいいますね。ピアノの場合は調律と呼ばれ、専門の調律師さんが音程あわせを行うことがほとんどだと思います。

この作業、やり方はいろいろあります。方法に関しては各種教本やサイトで述べられていますので詳細は省きますが、例えば下記の様な方法があります。
①音叉で基準音440Hz(5弦ラ)のみを合わせた後、実音で他の弦を合わせる。
②音叉で基準音440Hz(5弦ラ)のみを合わせた後、ハーモニクスを用いて合わせる。
③チューナーを使用して各弦を順番に合わせる。
などなどですね。他にも色々な方法がありますね。

初心者のうちは、「気持ち悪くなければいいや」で大胆に通り抜けられる調弦です。しかし、演奏に慣れてきて耳がよくなってくると、「この調弦では気持ち悪くて弾けない」と思うことが逆に増えてきます。では、①②③どの調弦方法がよいのか、それとも他の調弦方法を探す方がよいのか・・ と、特に独学の方は下手をすると路頭に迷いかねない大事件になります。しかし、実は調弦方法をどのように変更しても、演奏時の不快感を完璧に解決することはできません。この不快感は、調弦の問題ではなくて「ギターが平均律楽器である」ことによる根本的な問題だからです。

では、平均律とは一体何なのか、、そもそもドレミとは・・? これを分かりやすく説明してくれているお勧めの本が、「音律と音階の科学(小方厚・ブルーバックス新書)」です。「ドレミは・・は、まずピタゴラスが決めた!」ってご存じでしたか?音楽の世界になぜ三平方の定理で有名な数学者の名が出てくるのか、それは音楽が極めて数学的な理論のうえに成り立っているからなのです。逆に言うと、この本は数学が苦手な方には少し敷居が高いかもしれません。。

音感があればあるほど、逆に「平均律の限界」に起因する不快感は大きくなってしまいます。独学で音楽をやっていて音律に関しての知識がないと、不快感の原因が分からずもやもやしてしまいます。実際に私がそうでしたf^^; 調弦が気になっていじってもいじっても不快なうなりが消えない、何故だー!ってなってしまうのです。しかし、音律に関しての知識を得てからは、「どんなに調弦にこだわっても完璧に調和した音にはならないんだ」と理解することが出来、自信をもって(?)調弦をほどほどで終わらせることができるようになりました。

調弦が合わなくて苦労している方や和音が不協な気がする方で、平均律とは何かをご存じない方は一度調べてみられることをお勧めします。私のお薦めは上記「音律と音階の科学」ですが、けっこう数学よりですので、拒否反応を起こされる方は他の本で・・。

平均律と調弦に関しては、また機会があれば当ブログでも書いてみたいと思います。

使用ギター

クラシックギターとの出会い ~YAMAHA G-70D~

私が初めて使用したクラシックギターは、父親が持っていた、YAMAHA G-70Dと言うものでした。これで、禁じられた遊びや吉田拓郎を練習したのが私のギター人生の始まりだったんですね。
ヤマハ社のデータベースに情報が載っていました→コチラ
40年選手で保存状態も悪くないので、乾いたなかなか味のある音がします。実家に帰ると今でも弾いています。時間を経た楽器ならではの音と言うのは、聞いていて耳ではなく胸にきますね。オクターブ音が合いづらいのが少し残念です。



初めてのギター購入 ~SAKURAI STANDARD 1998~

大学でクラシックギター部に入部し初めて買ったのは、桜井ギターのスタンダードモデルでした。当時バイトも始めたてでお金もなかった私は、親に借りた十万円を握りしめてクラシックギター専門店FANAさんに行ったのです。「10万円で買えるギターを出してください」とお願いしていろいろ弾かせてもらいましたが、気に入るものがない・・。うーんうーんと悩んでいると、店長の福永さんが、「中古でもよければ、この前来たとこのやつ触ってみる?」と一本のギターを出してくださいました。それがこの桜井だったのです。音を鳴らすと、他のギターとまるで違う!よく響くのに驚きました。(まあ、本来20万円近くするものなので当たり前なのですが)

私がこのギターを触ったまま、「いい、いい」を連呼していると、(あらかじめ10万円しかないと言っていたのもあって、)店長さんは「これも巡り合わせだから」とハードケース込み10万円で譲ってくださいました。これがなかったら私はクラシックギターにこれほどはまっていなかったかも知れません。

きれいに大きな音がなるこのギターは私のお気に入りで、大学時代はずっとこれとともに合奏をしました。あのタイミングでFANAさんに行き、このギターを手に出来たのは本当に運がよかったとしか言いようがないですね。


次回は、いま使用している野辺ギターに関して語る予定です。

コイン(山崎まさよし) (クラシックギターソロ)

コイン
COIN
作曲:山崎将義
編曲:田嶌道生


山崎まさよしさんのコインを、クラシックギターソロで弾いてみました。
原曲(もちろん歌あり)も素晴らしい名曲ですので、よければ探して聞いてみてくださいね。

クラシックギターでクラシックの曲以外を演奏するのもいいもんですと紹介したいと思い、こういった曲もアップしていきたいと思っています。と言っても、10年以上前に弾いていた曲を、楽譜引っ張りだして思い出して弾いているんですけど。f^^;

音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

自分の演奏姿勢というものは、音楽をされる方は誰でもある程度意識していると思います。
クラシックギターの場合は、椅子に腰をかけ左足を足台の上に乗せる演奏姿勢が一般的ですが、ここで意外とくせ者なのは「椅子の高さ」なんです。

自分がどこかで演奏するとき、ギターはもちろん持っていきます。また、足台も持参しますし、また一般的なものなので借りてもたいていの場合問題ありません。譜面台も、必要であれば持って行けます。けれど、さすがに椅子を持っていくわけにはいきません。で、椅子の高さが変わると、演奏姿勢が変わってしまい、最悪の場合演奏に支障をきたす・・と言うのが結構大きな問題なんです。私の場合は、あらかじめ確認可能な場合は「床から座面までが40cm程度の椅子を用意してください」とお願いするようにしています。

ところで、どんな体勢でもどんな椅子でも、満足のいく演奏ができるようにとの思いから、もっと基本的な演奏姿勢を見直したいと思って、最近この本を読み始めました↓↓
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

非常に簡単に説明すると、人間が通常頭で理解している身体のあり方(=ボディ・マッピング)には結構間違っているので、それを正しいマッピングに戻して無理のない体の動作を心がけましょう、と言うものです。
例えば、 解剖学的には「ウエスト」とは存在しなくて、身体の前屈は「股関節」で行うのだ など。

読んでいるとおもしろいのですが、自分の生活や演奏に反映させるのは難しそうだな。