FC2ブログ

水中にもぐり、そして浮かび上がる

珍しくブログで連続投稿となります。と言いますのは、尊敬するギタリスト、松下隆二先生のブログを拝見し思うところがあったからでして・・。長文になった上に、論文調の文体になってしまいましたが、ご拝読いただけると幸いです。


私の尊敬するギタリストの一人に、九州は福岡に在住の松下隆二先生がいらっしゃる。その松下先生が、ブログにて、「予習の意義」というタイトルでの投稿をされていた。ぜひ原文を読んでいただければと思うが、勝手に雑に要約させていただくならば、こういうことだろう。「予習をガチガチにすることで、レッスンでの柔軟性が失われるのは困り者だ。それなら予習しないで来てくれた方がよい。しかし最近は、間違ったことをやるより、習ってから取り組んだ方が無駄がない、と打算的に考える人も多いようで、それもどうかと思う。」

これを読んで、思ったことが二つある。

一つ目は、この約20年での「インターネットの台頭」である。なんでも「ネットが原因!」という年寄りにはなりたくないものだが、実際に思ってしまったのだから仕方がない。20年ほど前、私がまだ中高生だったころには、まだ「ググる」という言葉はなかったように思う。そのころは、何か知りたいことがあれば、友達に訪ねる、学校の先生に聞く、図書館に行って調べる、というのが当然だった。また、英単語一つ調べるにあたっても、辞書を引き、様々な候補の中から文章に当てはまる意味を探した。そのような中で自然と身に付いたことは、「問いと答えは、簡単に一対にできるものではない」という、私にとっては当たり前の事実だ。

しかし、今や時代は変わった。「Aとは何か?」とググれば答えが出てくる。あるいは、知恵袋で誰かが教えてくれる。本来なら文化と文化のせめぎあいであるところの言葉でさえ、「Question」と入れれば「質問」と一義的に返ってくるようになった。手間暇、面倒くささとの葛藤の中で、時間をかけて探し出すもの、自分なりの解答を作り出すような時代は過ぎ去ったのだ。

もし世の中が単調さにあふれるようになったとしたら、もしも打算的な人が増えたとしたら、それは「A」と聞けば「B」という解答がある、という前提、あるいは「正しさ」にはスマートにアクセスすることが可能なのだ、と言う受動的発想が根底にあるのではないだろうか。

そのような考え方に慣れている人からすれば、「この曲の『正しい』弾き方を教えてください」という質問を投げかけ、答えを求めることはなんら恥ずべきことではなく、むしろ誇るべきスマートな方法とすら言えるかもしれない。


もう一つ思い出したのは、水面に浮かぶ人、水中にもぐるる人、という説話である。これも少し長くなってしまうが、引用したい。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
ノーマン・マルコムの『回想のヴィトゲンシュタイン』の中に、ウィトゲンシュタインが、哲学をしばしば潜水にたとえた、という話が伝えられている。人間の体は、自然にしていると水面に浮かび上がる傾向がある。哲学的に思考するためには、その自然の傾向に逆らって、水中にもぐろうと努力しなければならない、といった話だった。この話を読んだとき、ぼくはこう思った。でも、ひょっとしたら、人間の中には、自然にしていると、どうしても水中に沈んでしまうような特異体質のやつがいるんじゃないか、そしてたとえばウィトゲンシュタインなんかがそうなんじゃないか、と。
(中略)
水中に沈みがちな人にとっての哲学とは、実は、水面にはいあがるための唯一の方法なのだ。ところが、水面から水中をのぞき見る人には、どうしてもそうは見えない。水中探索者には、何か人生に関する深い知恵があるように見えてしまうし、ときには逆に、そんな深いところに沈むことが、水面でのふつうの生活にとってどんな役に立つのか、なんて、水中にいる人が聞いたら笑いたくなるような(あるいは泣きたくなるような)問いが、まじめに発せられたりもする。この二種類の人間にとって、哲学の持つ意味はぜんぜんちがう。
(中略)
どんな入門書でも、口先ではみずから哲学することの重要性を説くけれど、そういいながら、実は哲学説の鑑賞の仕方を教えているにすぎないことが多い。哲学説(すでに哲学された他人の思想)をよく理解しよく味わって水面生活を豊かにすることと、自分で哲学する仕方を学ぶこととは、たぶん、なんの共通性もないのだ。思想を享受することと思考を持続することとは、むしろ真っ向から対立する。ひとが哲学を必要とするふたつの道筋は、驚くべきことだが、おそらくはまったく交差していないのだ。

<子ども>のための哲学 永井均著、講談社現代新書 P194より引用
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

この文章、私は大好きで、これを読むと泣きたくなる。私は、水中に沈んでしまうタイプの人間だから。

ところで、この文の二種類の人間、というのは「哲学」を「音楽」に置き換えても成り立つように思う(自然にしていると浮かぶのか、沈むのか、というところは議論の余地があるにせよ)。音楽説をよく理解しよく味わって水面生活を豊かにすることと、自分で音楽をすることとは別なのだ。そして、自分で音楽をしている人の中にも、他人が音楽した結果を模倣することで上達を目指す人が、実は大勢いるように思う。

これはどちらがよいとか悪いとか、優れているとか劣っているとかいうことではない。しかし、私自身としては、自ら悩み試行錯誤し、それを楽しむ人間でありたい。そういう過程を経て、結果として生み出された音楽をこそ、私は慈しみ愛することができるように思う。

もし、この文章を読んで、あぁ、私は水面に浮かび、答えを求める側の人間だな、と思った方がいたら、こと音楽に関しては、ぜひ水中でもがき、ようやく息継ぎをすることの苦しさと喜びを一度味わってほしい。私の尊敬する松下先生、猪居先生は、この試行錯誤を否定せず、むしろ一緒になって迷ってくれる方だと思う。だから、好きだし、これからも色々な曲を学んでいきたいと思う。


とまぁ、長く書いてみました。結局言いたかったことは、せっかく自分で音楽をしようとするのならば、もがき苦しんでみてもよいのでは、というマゾの勧めです。そして、そんなアプローチを、無駄だとか馬鹿げてるだとか言わずに付き合ってくれる先生が身近にいると仕合せですね、というある種のノロケでした。笑 と、笑って書きましたが、そういう寄り添い方をしてくれる先生は、本当に貴重なんじゃないかなぁ。

筆者注:人生に対して水中に沈むスタンスは、本気で息苦しくなるのでお勧めしません・・

演奏会、コンクール参加告知

先日ギター教室のレッスンにいったとき、私の前の枠でレッスンを受けてらした大学生の方と少し話をしたのですが、「どっかでお会いしたことありましたっけ?」と言う話になりまして、いやいや初めてでしょうと言いつつ話していたら、YouTubeの動画を見てくださっていた方だとわかりました。w こういう活動を通じて世界が広がるのは嬉しいものです。

4月、5月で演奏会とコンクールに参加予定です。興味のある方お越し頂けると幸いです。


●2018/4/29, 4/30 第56回猪居ギター教室定期演奏会
10年以上お世話になっているギター教室の定期演奏会です。今年は二日に分けて開催されます。私は今のところ4/30(月)の方に参加することになりそうです。両日とも、吹田メイシアター小ホールで18:10開演となります。私の演奏曲目は、アパラチアの夢(ジョン・デュアート)全楽章です。全部で5楽章ありますので少しばかり長くなってしまいますが、、長さを感じさせない色彩豊かなステージを目指して準備します。

●2018/5/12, 5/13 第43回ギター音楽大賞
こちらも、3年連続となりますが挑戦したいと思います。私のエントリーは、5/12(土)の一般部門です。演奏曲は、ギター教室定期演奏会と同じくアパラチアの夢ですが、時間制限の都合でこちらでは第4、第5楽章のみでエントリーしています。

このアパラチアの夢は思い出の曲でして、学生時代に所属したクラシックギタークラブの定期演奏会で、友人が独奏ステージとして演奏していた曲になります。なんと、もう16年も前になります、、(最近年数を数えると驚きあきれることが増えてきた・・)。当時は、自分にはとても手の出せない曲だ、と思っていましたが、16年の歳月を経て、何とか手が出せるようになりました。

あまり知名度のある曲ではなく、また民謡のアレンジ曲集ということもあってコンクールには向かないかもしれない、と正直悩みました。しかし、演奏したい曲を演奏する。自分だから選ぶことのできる曲を誰かに届ける。と言う、自分の中の原点に嘘をつかないようにしよう、ということでこの曲を携えて行きます。コンクールはあくまで手段である、と言うところで道を間違えないようにしよう、と思います。

と。こんなことはいい結果を伴うことのできる人に許される言葉であって、結果を伴わないと格好悪いだけですけどね。笑
けれど、16年前に「この曲いいなぁ、いつか弾いてみたい」と思ったあの気持ちを、今度は自分が誰かに届けられると素敵だな、と、そんなことを考えています。

松下隆二先生 公開レッスン受講

黄金時代が現代であったためしはない。
いつだって黄金時代は、その時代には気がつかず、後になってはじめて、「あの時は良かったな」と分かるもの、そういう意味なのだろう。もしくは、まだ見ぬ未来にだけ存在している、ということか。

~チルドレン(伊坂幸太郎)より~


というわけで、なかなか黄金時代が到来しないなぁ、と思うたびに冒頭の言葉を思い出します、麻尾です。後になって「あの時は良かった」と思うときは結構あるわけなので、今もそんなに悪いわけではないのでしょう。

少し時間が空いてしまいましたが、1/29に九州は福岡在住の松下隆二先生の公開レッスンを受講してきました。その内容を・・、とここに私が書く前に、すでに松下先生がご自身のブログに内容のエッセンスを書いてくださっている!!なんと太っ腹!非常に参考になりますので、みなさんよければご覧ください。
http://www.classic-guitar.org/blog/archives/2560

私は、ジョン・デュアート作曲の「アパラチアの夢」と言う曲を見ていただきました。この曲はアメリカ アパラチア地方に伝わる民謡を題材にした組曲となっています。事前に準備をしているうちに、クラシックギターらしく弾くのか、それとも原曲に近い感じで弾くのか、どんどん曖昧になってしまい、煮え切らない状態での受講となってしまいました。それは、松下先生の言葉を借りると、次のようになります。『民族主義的作品を扱う時、自分のとりたい”立ち位置”を確認する。可能性はふたつある。即ちその曲を”クラシックギタリストとして”アプローチするのか?あるいはそれを捨てるのか?』

自分の技術はもとより、曲にも演奏場所にも、聴衆にも色々なものを考慮にいれて立ち位置を決められれば良いと思いますが、どのような立ち位置で演奏するにせよ、それらに対応できる演奏技術の柔軟さ/幅広さと、その中で自分らしい景色を見定める、と言うことを大切にしたいと思います。

松下先生、主催の岩崎先生、お世話になりありがとうございました。

麻尾