FC2ブログ
                        

猪居謙 2ndアルバム ”Ricordi” 7月3日発売決定!!

※猪居謙さんの2ndアルバム収録曲、5つのバガデルに関する思い出話を加えて再投稿します※

猪居亜美さんが3rdアルバム「MEDUSA」でメジャーデビューすると先日お伝えしましたが、兄の謙さんも2ndアルバムのデビューが決まっています。と噂で聞いていたものの、亜美さんの件は情報があるのに、謙さんの方はどこにも情報がない・・。

と思っていたら、昨日の猪居信之還暦ギターリサイタルに、情報が書いてありました!

7月3日(水) New Albu,発売決定!!
猪居謙 2ndアルバム「Ricordi」
猪居亜美 3rdアルバム「MEDUSA」

情報は、以上です・・・。いや、もうちょっと何かあってもいいと思うんですけど!まぁ、楽しみに気長に待ちましょう。

お二人のジョイントコンサートも開かれるとのことで、こちらは平日金曜日ですが、時間が作られたらいきたいですね。
猪居 謙&猪居 亜美 CD発売記念ジョイントコンサート
日時:2019年7月5日
時刻:18:30開場、19:00開演
場所:あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

※以下、6/25加筆※
猪居謙さんの「Ricordi」の情報が、fontecのサイトで解禁になっていますので、収録曲を引用します。

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ:悪魔の奇想曲
スタンリー・マイヤーズ:カヴァティーナ
セルジオ・アサド:エリの肖像、カリオカ幻想曲
西森久恭:イタリアの思い出に寄せる2つの小品
シモーネ・イアンナレッリ:「イタリアン・コーヒー(12の小品)」より V 一緒に最後のコーヒーを
ウィリアム・ウォルトン:5つのバガテル

続きを読む

関連記事

アラフォーギタリストの私がいまさらツイッターを始める5つの理由

このブログをご覧になっているかたには自明のことですが、わたくし、ブログをやってます。

ですが、mixiはほったらかし、ツイッターやってない、Facebookもたまにしか見ない、ラインやってない、と言う感じでして、実はネットのこちら側で完結してるタイプの人間です。

そんなアラフォーの私が、この度ツイッターを始めることにしました。その理由を5つにわけて紹介したいと思います。


①多くの方にブログをみてもらいたい
まぁ、発端は単純なものです。多くの方にブログを見てもらいたい。ブログ更新時に通知を出せば多くの方に訪問してもらえるのではないか・・。しかし、これは大きな理由ではあるものの、実は優先順位は低いんです。

私がブログを始めた理由は、。
プライベートで私を知った人に、自分のことを伝えたい。そして、そこを間口としてクラシックギターの良さを伝えていきたい。しかし、ブログを続けるうちに、もっと多くの人に自分のブログを読んでもらいたい、と思うようになりました。それに値する発信が、自分だから伝えられる内容があるのでは、と思うようになってきました。と言えば格好つけてますが、まぁ自己顕示欲ですわね。

続きを読む

関連記事

ブログにまつわるエトセトラ

タイトルをみえてPUFFYの曲が思い浮かんだ人はたぶん私と同年代です。昭和生まれのあしゃおです。

5/17に、30日間のGoogle AdSenseのアカウント停止をくらいました、と言う記事を投稿しました。さて、それから30日が経ち、6/17に無事アカウントを復活します、との連絡を受けました。

その間に、下記対応を行いました。
・Google Publisher toolbarを導入しました。
これにより、自己クリック防止はもちろん、自分がサイドビューにカウントされることも避けることができます。ただし、スマホ用の対応が今のところはないのが難点。
・そのため、FC2ブログのアプリをダウンロードし、スマホからのアクセスなしに過去記事を確認できるようにしました。どうしても過去記事を開く必要がある場合は、PCからログインし対応する予定です。


この2点で必要な是正はできているはずですが、この場を借りて、不要な広告クリックはしないように改めてお願いしたいと思います。実名ブログの特徴上、本ブログの広告クリック=あしゃおの収益改善と言う意味では応援になるのですが、それはやってはいけません。広告主(出資者)と代理店(グーグル)のどちらにも意味のある情報が発信され、結果としてあしゃうもWin-Winの関係になる、というのが望まれる形です。広告主のメリットにならない行動は発生しないよう、改めて周知させていただければ、と思います。

とまぁ色々言いましたが、 AdSense広告を復活させるのはもう少し先にする予定です。知り合いのアクセスが誤差レベルになるくらいの検索流入を確保できるようになったころに、密やかに AdSenseを復活するつもりてす。

収益化はあくまで付属の結果であり、クラシックギターに興味がある方に有益な情報を発信する、と言う当初の目的を第一にこれからも更新していきます。今後とも宜しくお願い申し上げます。
関連記事

松尾俊介先生 打ち上げ語録

昨日6/17に、松尾俊介先生のマスタークラスを受講してきました。その際のレッスン、受講曲に関する内容は別の機会に譲るとして、今日は打ち上げで面白かった内容を備忘をこめて記載したいと思います。

って、別に飲みながら話したアホな面白話ではなく、真面目に面白い話の方です。アホな話の方が気になる方は、直接松尾先生と飲みに行きましょう笑


・こうしたい、と言う思いがあれば、それに対するレッスンができる。しかし、こうしたいが伝わってこない、どうしたらいいですか、教えて下さい、と言う姿勢だと困る。正解なんてない、と言うか正解の演奏が仮にできるのなら、もうレッスンの必要がないのだから。間違いを恐れず、自分のやりたいことを出してほしい。


・そういう意味では、「先生がなんといっても、私はこう弾きたいんです!」という生徒が出てきたら、思ったとおり育てられたことになるのかな。でも、実際それを言われたらめっちゃ腹立つと思うけど。

・答えを提示することはしたくない。方向性を示すので、その後自分でその曲と向き合って膨らませて行ってほしい。


・松尾先生が初めて福田進一先生のレッスンを受けた頃のこと。最初に、重い、軽い、などの言葉をピアノ、フォルテの中にカテゴライズしていった。それがあなたの大切な個性だから大切にするように、と。
(あしゃお)これは、自分の音楽的立ち位置をするために大切なだけでなく、その象限を意図的にひっくり返すことで、昨日までの自分と違った表現をするチャンスかもしれない。例えば「重い=フォルテ」の感覚を持っている人は、「軽いフォルテ」と言う発想に転回することにより新たに得るものがあるのではないかと。


・(あしゃお)基礎連の時間と曲を挽いてる時間が逆転してくると、練習するために弾いているのか、何が目的でギターを弾いているのかわからなくなる。
→それは、ステージで演奏することがすべて。聞いてもらってナンボ。ステージを目標にすべき。松尾先生の場合、2時間の演目のリハをするのに使う時間は45分までと決めている。プロも愛好家も、演奏時間と練習時間の関係は、相似形をなしている。プロだからたくさん練習時間が取れるわけでは、決してない。


他にもあった気がしますが、けっこう飲んだので忘れました(+_+) とは言うものの、日本クラシックギター界を代表する方の話は勉強になるところが多く、大変に有り難い時間を過ごすことができました。

あと余談ですが、松尾先生の教え子で私も小学生のころから知っている方がマスタークラスに参加されていました。その方が今年20歳になったという事で、飲み会で一緒にビールを飲み、バカ話も含めて色んな話をしました。なかなか感慨深いものがありました。そら俺も年を取るわなー。。
関連記事

松尾俊介 ギターリサイタル&マスタークラス(6/16, 6/17)

※6/15、記事最後にマスタークラスの受講予定曲を追記しました※

来たる2019/6/16, 6/17に、松尾俊介さんのギターリサイタルとマスタークラスが開催されます。東京に拠点をおき、全国区で活躍される松尾さんの待望の関西遠征です!とあおっておきながら、実は私、松尾さんの生で演奏聞いたことがございません・(ノД`)・゚ まぁCDでもYouTubeでもその圧倒的な技術力と表現力が光っている方ですので、生ではもっと圧巻なのでしょう。体験していないだけに案内としては少しテンションが控えめで申し訳ございません。。

今回も、なぜか平日の17日の方が調整がついたのでマスタークラスに参加させていただく予定です。16日はいけるのかどうなのか・・。というものの、時間の都合がつく方は是非聞きに行ってみてください。

マスタークラスに関しては、大阪ギタースクールのサイトでは、まだ受講生募集中となっていますね。更新されてないだけかわかりませんが、興味がある方は勇気を出して問い合わせされてみてはいかがでしょうか。受講だけでなく聴講もためになると思いますので、気になるけど人前でレッスンはちょっと・・と言う方は、まずは聴講からスタートされることをお勧めします。

以下、大阪ギタースクールのサイトより引用です。

松尾俊介ギターリサイタル
2019年6月16日(日)開演15:30 開場15:00
会場BUNROKU 文禄堤薩摩英国館
プログラム
J.S.バッハ / シャコンヌ
M.M.ポンセ / ガレガの歌、ワルツ、エストレリータ
タレガ / 椿姫の主題による幻想曲 他
入場料 <予約制 当日500円増>   
一般 2500円 シニア・大学生 2000円 
小中高生 1000円
後援 猪居ギター教室 日本ギタリスト会議


マスタークラス
6月17日(月)
13:00〜18:00
受講料 一般13000円 学生10000円
聴講料 2000 円
会場 大阪ギタースクール
主催・予約申し込み 大阪ギタースクール
TEL 06-6992-3804 masami@osaka-gs.info


私あしゃおはM.M.ポンセ イ短調よりプレリュードで受講予定です(余力があればサラバンドも少し見てもらいたい)。私自身は、好きな曲であるもののあまり弾き込めていない曲なのですが、ヴァイス伝として発行された経緯や時代考証的な観点など聞いてみたいことが色々あり、楽しみにしています。

※2019/6/15追記※
マスタークラスの受講予定曲を入手しました。名前が消されているのは、会社休んで来る人への配慮でしょうか・・?笑 私は14時からのコマです〜。
20190615212901737.png
関連記事

断定ブログは信用するな

インターネットが世に現れて20年余、情報の流通に関して世の中は大きく変わった。特に情報発信はマスコミ=マスコミュニケーションだけのものではなくなり、1個人が少ないコストで情報や思いを全世界に向けて発信できるようになったのだ。

2006年、もう10年以上前になる梅田望夫の「ウェブ進化論」では、ウェブ上での知識集約を2種類に大別して紹介している。1つ目はウィキペディアに代表される「オープンだが、誰かが作成した仕組み」に対して個が働きかけ知識を集積するシステム。2つ目は、独立した個が各々行動することで、自動的に発生する秩序、群衆の叡智『wisdom of clouds』だ。

現状では、これらの取り組みは失敗に向かっているのではないか。残念ながらそう思っている私がいる。ウィキペディアはさかんに募金をつのっている。そして雑多な発信は、その真意が定かではないもの、さらにそれをコピペしたような内容の文章で溢れてきた。情報発信がマスメディアだけのものでなくなり、信頼は権威の手から離れた。低コストで情報を収集できるようになったそのうらで、情報に対する信用が下がってきてはいないか。これから、我々は何を信じればいいのか。

性格も能力も違う人に、「東大生の勉強術」が本当に役に立つのか。身長も体重も異なるあなたに、プロ野球選手の技術をそのまま適応できるのか。与えられる情報を咀嚼し消化する責任は、もはや受けて側にある。

こと音楽に関しては、正解なんてものはないと思ったほうが良い。もしそんなものがあるのなら、人間が音楽をする必要すらなくなるであろう。AIに任せて最適解を提供してもらえばよいのだ。でも、それはあなたが音楽に、芸術に望むことかい?

音楽のイデアは存在しない。その観点に立ったものは、みな自らのパースペクティブでそれぞれの音楽を求めなければならない。インターネットがどんなに進化しようと、検索システムがどんなに良化されようと、それは解決策足りえない。なぜなら、そこに答えはないからだ。

自分の意見を「正しい」と言い切れる人は、よほどの自信家か、かなりの勉強家か。意見の多様性を感じられない人の正しさを疑う自分の意見を持て。

断定ブログなんて、信用するな。
関連記事

密かな特技

https://bolt.im/t/?qE97-VHM1t1fAYPniHSk2fI0Ab_PP9udVoFcf2y8Vgqd4YA00ASILQH9ehI81cggzZRbfe2SQWR2DNDVgTtmFIYzmxAo74B1_-SFDw04DCs)">
あしゃおのどうでもいい特技コーナー(パチパチパチ〜

お好み焼きにマヨネーズでドラえもんがかける。


いや、結構上手いでしょ??


ちなみに、アンパンマンもいける
 

小さいお子さんがいるおうちは、やってあげると結構喜ばれると思います??



関連記事

猪居信之 還暦記念ギターリサイタル

昨日6/8に行われました、猪居信之還暦記念ギターリサイタルを聞きに行ってきました。プログラムは下記の通り。
先日たまたま福田ショック以前と以降に関しての記事を書いたところでしたが、図らずも今回のコンサートは福田ショック以前の大御所 猪居信之先生と、福田ショック後の新世代の代表格 猪居兄妹の共演で、演奏曲目もまさにその内容に沿う演目になりました。

2019年6月8日(土)、吹田市文化会館メイシアター小ホール
第一部
猪居信之ソロ
F.ソル:エチュード~Op.6-8, 31-23, 35-33, 17
F. タレガ:ラグリマ、アデリータ、夢、マリエータ
H.ヴィラ=ロボス:5つのプレリュード
G.ノイマン;愛のワルツ
G.クレスポ:ノルテーニャ

第二部
猪居亜美ソロ
 L.ブローウェル:オリシャたちの儀式より第2楽章
 H.ヴィラ=ロボス:エチュード第12番
猪居謙ソロ
 M.カステルヌオーヴォ=テデスコ:悪魔の奇想曲
猪居信之&猪居亜美
 A.ピアソラ:来るべきもの
猪居信之&猪居謙
 武満徹:ヒロシマという名の少年
猪居信之&猪居亜美&猪居謙
 E.サティ(高本健児編曲):ジュ・トゥ・ヴ

アンコール
 H.ヴィラ=ロボス:エチュード第11番


続きを読む

関連記事

アイリッシュでスコティッシュなアパラチアン、少しスペイン

本日は少し趣向を変えて、まずはアイリッシュタップダンス、リバーダンスの紹介からスタートです。もう、私が言うまでもない有名なステージですが、もし知らない方は、もう四の五の言わず下記動画を見ちゃってください!曲もダンスも最高級ですから。大学時代にギタークラブの先輩がアンサンブルで演奏していて、かっこよさに唖然としました。元の舞台のビデオを見て、さらに興奮。当時はVHSで映像がこれよりも悪かったんでしょうね。



格好良すぎて言葉がありませんね。残念ながら私のコメントは不要でしょう(ジーン・バトラー可愛すぎ!)。この、いわゆる「リバーダンス」単演目にあたる本ステージの成功を受け、後から舞台として肉付けされた「リバーダンス」が世界を席巻することになります。フラメンコと出会う「ファイアーダンス」や、アメリカと出会う「アメリカンウェイク」などですね。ファイアーダンスでは、フラメンコギターも大活躍します。

続きを読む

関連記事