FC2ブログ
                        

あしゃおギター教室、記念すべき第1回レッスン

本日、記念すべきあしゃおギター教室の第1回レッスンを行いました!生徒は、、今年小2の長女です!

私が「ギター教室したいなぁ」と妻に相談していたところを娘が聞いていて、なんだかんだ?あって、娘が「ノートを買ってくれたら週に一回私がレッスン受けるよ~」と言ってくれました。

でも、ノートを買うまでは絶対レッスンさせてくれませんでした(笑)。買ってきたノートの表紙がこちら。



続きを読む

関連記事

「自分」の音楽表現に自信を持つために 私の音楽感を徒然に語る

※本記事は2010/12/23に投稿した内容の再投稿です。9年近くの時を経たものの、今読み返してみて、私がこの記事に託した考え、あるいは願いは、驚くほど変わっていませんでした。ですので、加筆も修正もなしにそのまま再投稿します。コンクールに参加するようになる前の記事なのに、コンクールに参加するようになった今もこの部分は変わらない。不思議ですね。

日々新しく進化していくことは素晴らしいことです。そして、芯の部分で変わらない何かを持ち続けられることも、同じくらい有り難いことだと思います。※

<まえがき>
今日は、私が音楽に関して感じていること(あるいは音楽に託していること)を語ってみたいと思います。
本質的には、今日ここで書こうとしていることは言葉で語るべきことではないかもしれない。言葉で伝えられることではないかも知れない。けれども、いつかは表明したいと思っていたことなので記そうと思う。半分は将来の自分のため。
忘年会でお酒を飲んで気持ちがよく、大きくなっているというのもあると思う。多少。。



<本題>
音楽を語る前に、「言葉」に関して語りたいと思う。私の音楽に対する気持ちは、言葉に対するある種の諦めからきているから。

「言葉」は、人間同士の意志疎通を可能にするための非常に優れた道具だ。論理的にものごとを進めるには最適である。仕事をするうえでは、日常生活を送る上ではその便利さのみで通り過ぎれる。

続きを読む

関連記事

演奏会にお勧め!弾いてみたくなるギター重奏曲  9選

クラシックギター向けの曲は、作編曲ともにソロが圧倒的に多いのが実情かと思いますが、重奏にも格好いい曲はもちろんたくさんあります。

今日は、私が取り組んだ事のある、あるいはいつか取り組みたいと思っている曲の紹介です。ソロ曲紹介にもまして、私の好みが反映されていますがご勘弁を。7曲にするつもりが、厳選しても9曲になってしまった。。反響が頂ければ第二弾も展開したいな。

二重奏
ロマンスNo.1(F.クレンジャンス)

あしゃおの好きな作曲家と言えば、ディアンスとクレンジャンス。クレンジャンスのメロディメーカらしさ満開の名曲。弾くもよし、聞くもよし。楽譜買ったのに未だ演奏の機会なし。。1stも2ndも譜読みしてます、あとは相方だけいれば。。演奏レベルとしては、ハイポジションが出て来たり、「これ1stと2ndに分けてよ」という旋律が無慈悲に1stのみに割り振られていたりと、適度に難しい(クレンジャンスあるある)。


3つの秋の小品より第二楽章 木陰にて(M.プホール)


3つの秋の小品より第三楽章 センテナリオ通り(M.プホール)



アルゼンチンを代表する作曲家プホールの重奏曲「3つの秋の小品」より第2/第3楽章。こんな曲ばっかり弾いていたから、あしゃおはギターを叩いてばかりだと言われる(だいたい事実)。第二楽章「木陰にて」、第三楽章「センテナリオ通り」と、タンゴミレニアム(福田進一&E.フェルナンデス)に収録され、一気に人気が出ました。福田&フェルナンデスに合わせて、2&3楽章で演奏すると、長さ・バランスともにちょうどよい感じです。1楽章から通して聞きたい場合はこちらをどうぞ。昔この曲を大学時代の友人と演奏した際、聞いていた叔母さまが「南米の駐在時代を思い出しました」と声をかけてくださり、とても嬉しかったのを覚えています。そういう何かを呼び覚ますような。風が吹くような演奏をこれからも目指したいと思います。

クラシックギターの印象が変わる!オススメのカッコいいソロ曲 7選

続きを読む

関連記事

管理人あしゃおのギターソロ演奏動画まとめ

当ページで紹介している私の演奏曲のまとめです。曲名と作・編曲者名のみの紹介となります。もし興味をもっていただけましたら、リンク先をご覧下さい。
いわゆる堅めなクラシックギター曲だけでなく、ポップス曲やアコギの曲も紹介できればと思っています。

最近自分の嗜好や趣向が、保守的で伝統的な方向に向かっているのを感じています。だからこそ、このように過去の自分のスナップショットを用意していてよかったな、と思います。なんだかんだと、9年で34曲、、多いのか少ないのか。。録音録画環境の考察も含め、またペースを上げられるようにしたいところです。

カプリチオ(F.クレンジャンス) 2019/10/29 up

A Simple Song (佐藤弘和) 2019/1/1 up

Lagrima (F.ソル) 2019/1/1 up

アパラチアの夢 (J.デュアルテ)

"さくら"による主題と変奏(横尾幸弘)

抱きしめたい(桜井和寿、田嶌道生編)

Saudade No3 (Roland DYENSE)

輝く月のように(Superfly, 田嶌道生編)

Concierto para Quinteto (五重奏のためのコンチェルト) (Astor Piazzolla)

Michelangelo'70 (ミケランジェロ'70)(Astor Piazzolla)

Amethyst(YOSHIKI、田嶌道生編)

あとひとつ(FUNKY MONKEY BABYS/ 川村結花、lonlonjp編)

涙そうそう(BEGIN) 

夢のかけら(幸塚淑夫)

Over(桜井和寿、田嶌道生編)

Hey和(北川悠仁、麻尾佳史編) 

Forever Love(YOSHIKI、田嶌道生編)

Tears in heaven(E.クラプトン 佐藤弘和編)

Adelita(F.タレガ)

夕景(長谷川郁夫)

風の詩 (押尾コータロー)

愛のことば(草野正宗、田嶌道生編) 

プロローグ(押尾コータロー) 

二つのワルツより、ショール風ワルツとフランス風ワルツ(F.クレンジャンス)

ガボット・ショーロ(H.ヴィラロボス)

あるタンゴ弾きへの哀歌より、コンフセータ・メランコリア・エピローグ(M.プホール)

車の中でかくれてキスをしよう(桜井和寿、田嶌道生編)

コイン(山崎まさよし、田嶌道生編)

BLUE(家高毅)

Reflections(A.ヨーク)

A Simple Song(佐藤弘和)

Waiting for Dawn(A.ヨーク)

くじら(小松原俊)

愛の讃歌(E.ピアフ、M.大森編)

カプリコーンの夢(R.ディアンス)


関連記事: 初心者にお勧めの曲は、実は脱初心者な方にこそ繰り返しの練習が重要な曲だった

関連記事: オススメのカッコいいギターソロ曲 7選


関連タグ:曲・楽譜
関連記事

『夢』はなんですか

※2012/14の記事を再投稿します。
「物事を長く続ける秘訣とは何か」について友人と話していて、この本のことを思い出しました。
 
偉そうなことを言える立場でもないですが、まがりなりにもギターとブログを続けている身として言わせていただけるならば、「目標」と「目的」の違いを明確にし、「目的」を持つこと。願わくばそれが、「欲」ではなく「夢」であればいいなぁ、と。

今この記事を振り返るに、私の夢は7年半前とさほど変わっていないようです。少しずつでも叶えられる方向に歩めているようで、少し嬉しくなりました。※



明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

信念を迎えられて、今年の抱負を新たにされている方も多いかと思います。
昨年末に読んだ本で、『夢』と言う言葉に関する非常に興味深い言葉に出会いましたので紹介したいと思います。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
同じ職場の仲間とパネルディスカッション形式の講演をやったときのことです。このときはこれから社会に出る若者がオーディエンスでした。若者は自分の夢を語ります。「ある分野の資格を取って、専門能力を身につけたい」とか「グローバルに活躍できる人材になりたい」とか「ベンチャー企業を興して起業家として成功したい」とか、そうした話が出てきます。そこでパネリストの一人だった小林三郎さんがこう言いました。「それは個人の『欲』です。『夢』という言葉を使わないでください。」私は横で聞いていて心底しびれました。

人間は多かれ少なかれ利己的な生き物です。誰も自分が一番かわいい。しかし、その一方で人間はわりとよくできているもので、自分以外の誰かに必要とされたり、喜ばれたり、感謝されたり、そういう実感を得たときに、一番嬉しく、一番自分がかわいく思えるものです。それが人間の本性だと思います。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
ストーリーとしての競争戦略 楠木建:東洋経済新報社)


同じ目的でも、『夢』と言うのと『欲』と言うのでは印象ががらりと変わってしまいますね。
みなさんの<夢>は、『夢』ですか?『欲』ですか?言葉の再定義だけで、個人の生き方までも変わってしまうほどの影響があることかも知れないと感じました。

ちなみに、私の夢は、「クラシックギターの良さを一人でも多くの方に伝えること」です。少しずつでも叶っているといいな。

PS:
念のため、今日ご紹介した本は「戦略の神髄は思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある」(本書の帯より)と言う経営の本で、別に夢について語っている本ではありません。とはいえ、経営の本には珍しく、とても面白くて続きが読みたくなる本でした。お勧めですよ。


関連タグ: 音楽論

2012/1/4 初投稿
2019/9/19 再投稿

関連記事

夕景(長谷川郁夫)

※2019/9/18 加筆再投稿
最近ブログで言いたい放題なので、自分の動画を公開することがブーメランになりそうで少し怖さをかんじているあしゃおです。ですが、めげずに過去の動画を再投稿します。※

夕景
作曲:長谷川郁夫



長谷川郁夫さん作曲の夕景を演奏いたしました。
この曲に関する長谷川さんの紹介文は下記のようになっています。

「文字通り美しく暮れゆく風景を描いていますが、一方でただ見つめることしか出来ず、手に入れることも時間を止めることもできない、もどかしいような切ないような気分も入り交じっています。」

あなたはどんな夕景を覚えていますか?どんな夕暮れを思い出すことができますか?私は、何故か遠い昔の夕焼けしか思い出せないのです・・。沈んでいく夕日をただ眺めていた時間、どこに忘れて来てしまったのかな。



続きを読む

関連記事

クラシックギターの印象が変わる!オススメのカッコいいソロ曲 7選


本日は、私が大学生の頃に衝撃を受けた曲、取り組んだ曲を紹介したいと思います。かれこれ20年近く前のことで、今では好みも趣向も少しずつ変わってきており、最近はもっと渋い曲を聞いたり弾いたりすることが増えました。けれども、学生時代にこれらの曲に出会わなければ、私がギターにこんなに興味を持つことも、続けることもなかったと思います。そういう意味で、大切な曲たちだと言えますね。

曲数に大きな意味はないものの、衝撃を受けた、その後のギター人生を変えてくれた、という観点で7選です。


フォーコ (R.ディアンス)

リブラ・ソナチネより第三楽章フォーコ。炎を意味する名称のこの楽章は、不整脈からの復活、命の喜びを表している。この曲は全体が速弾きでかっこいいのに加えて、最後に衝撃のパーカッションパートが待っている。この動画は、演奏もさることながら観客の食い入るような視線や空気が何とも言えず好き。この曲を初めてみたときの衝撃って、まさにこんな感じだわ。興味がある方は、ぜひリブラソナチネ全楽章をご覧ください。3楽章フォーコ以外も楽しくなってきた方は、もう立派なクラシックギタリストの仲間入りです(謎理論)。


続きを読む

関連記事

クラシックギターにとってのクレシェンドを考える

今日はギターでクレシェンドをどう表現するかに関して考えてみたいと思います。ギターという楽器の特徴の一つは、撥弦後に音を大きくすることができず、減衰していくのみであると言うことです。バイオリンのような擦弦楽器やクラリネットのような管楽器であれば、時間経過に沿って物理的に音量を大きくすることができるため、大きく異なる点であると言えます。

音の自然減衰。これは、クラシックギターを魅力的にする特徴です。しかし、「クレシェンド:だんだん強く」という表現に対するアプローチを難しくしています。この点を、少し詳しく見てみましょう。


そもそもクレシェンドの意味は
クレシェンド(crescendo、cresc.)、は「だんだん強く」を意味する強弱用語で、「成長しながら」という語源を持ちます。「だんだん大きく」ではなく、「だんだん強く」と訳されているところが興味深いですね。「f:フォルテ」の意味を聞かれると、みなさん自然と「強く」と答えると思うんですよ。「大きく」ではなく、「強く」。クラシックギターのようなアコースティック楽器であれば、撥弦を強くすれば音は結果として大きくはなります。ただし、音を大きくすればいいってものではなく、音楽を力強くすることが本来の目的であることを忘れてはダメですね。クレシェンドも同じで、だんだん大きくしようとして音のまとまりがなくなったり、瞬発的になりすぎて音に芯がなくなったりしないよう注意が必要です。


続きを読む

関連記事

初心者にお勧めの曲は、実は脱初心者・中級者にこそ繰り返しの練習が重要な曲だった

※2012年の1月に投稿した「お勧めの簡単な曲」に関する記事を、加筆修正のうえ再投稿します。「簡単な曲」とは何かの考察など、初心者の方はもちろん初心者を脱したと思う方にこそご一読頂きたい内容となっています。あと、ブログの閲覧数がなかなか伸びないことに悲しんだ結果、アイキャッチ画像とやらを作ってみました(多分これが原因ではない)※

先日、ギターを始めて1年目くらいの方にお勧めの曲はないですかと聞かれたことがありましたので、私の独断と偏見によるお勧め集を紹介したいと思います。よろしければ参考になさってください。

ざっくり上から下へいくに従って難しくなって行くと思います。(かなりざっくりで、根拠はありませんのであしからず f^^;)

・ノクターン(C.ヘンツェ)
・舟歌(N.コスト)
・ロマンス(J.K.メルツ)
・ハバネラ(A.アルバ)
・マリアルイサ(サグレラス)
・小さなロマンス(ワルカー)
・ぴかぴかワルツ(ベネズエラ民謡)
ラグリマ(F.ソル)
アデリータ(F.ソル)
二つのワルツ(F.クレンジャンス)
シンプルソング(佐藤弘和)
・バーデンジャズ組曲の第一楽章シンプリスタス(イルマル)の前半
・夢 Op35-17(F.ソル) ※セゴビア編20のエチュードNo.6
・11月のある日(ブローウェル)の前半
Wating for Dawn(A.ヨーク)
・聖母の御子(カタロニア民謡)
・3つのノクターンOp.4よりNo.1(J.K.メルツ)

番外編:
・カルカッシの25のエチュードは、常にやっといた方がいいと思います。
・結婚行進曲(R.ワーグナー):自編になりますが、いい感じの難易度だと思います。よければどうぞ。

ギターソロ用楽譜 結婚行進曲(婚礼の合唱) R.ワーグナー


簡単な曲とは何か
「お勧めの簡単な曲を教えて下さい」
ギターを初めて歴の浅い方によくされる質問です。これに答えるのは、簡単なようで難しいんです。なぜなら、「簡単な曲」って何??と言う根本的な疑問が頭をよぎるから。

続きを読む

関連記事

クラシックギターで奏でるForever Love(X Japan)

※2011/7/30投稿記事の加筆再投稿です。

風邪をひいた状態で飛行機にのって、無事中耳炎になりました😇 本日は会社も休ませてもらい、薬を飲んで1日寝ています。痛みはマシにはなってきましたが、まだ耳がゴロゴロ変な感じです。皆さんも体調には十分ご注意ください。

と言う訳で、過去記事再投稿でお茶を濁すコーナー、本日はTAIJIさん逝去後に投稿した動画紹介記事です。※


Forever Love
フォーエバー ラブ



作曲:YOSHIKI
編曲:田嶌道生

X JAPANのバラード、Forever Loveを演奏しました。
YOSHIKIさんの作る曲は、メロディラインがしっかりしていて、またコードも綺麗に流れていくので、インストにもすごく合います。

TAIJIさんの訃報を聞いて、何かしたくなり録音しました。
実際にはこの曲の発表時にはTAIJIさん既にXを脱退していましたけどね・・。。

続きを読む

関連記事