FC2ブログ
                        

キャリアアンカー

最近、キャリアアンカーと言う手法によりこれまでのキャリアの振り返りを行っています。

これまで、流れ流され生きてきたとの自覚が強かった私でして、30も半ばを過ぎてようやく自分の道を自分で選ぶ覚悟を持とうと試行錯誤しているのです。

しかし、流れ流されとは言うもののの、インタビュアーに引き出されるままに言葉を重ねていくと、案外節目の考えに関して思い出すことが多く驚きます。

若いなりにこんなことも考えたことあったな、とか。そう言えばこんな夢を就活で語ったな、とか。

いい悪い、ただしい誤っていると言う尺度では測ることのできない問題です、時間をかけながら少しずつ整理したいと思います。

整理するに当たっては、言葉にする、それも人に説明することの働きを実感します。悩んだときは、誰かに聞いてもらうことをもう少し活かしていきたい、と思いました。

雑感ですが、以上

関連記事
                        

コメント

非公開コメント