FC2ブログ

MobileSheetsPro紹介

iOS用には piascore という超定番の有名アプリがあるようです。私はAndroidを使用しているため、色々検索した結果MobileSheetsProというアプリを使用しています。

●MobileSheetsPro
・楽譜を見るために必要な機能が足りている
 6.4インチのファブレットを使用しています。こちらで横向き表示にすれば、A4の楽譜で2~3段ほど表示ができ、
 譜読みを進める、思い出すには十分なサイズです。
・下記設定で、横向きに固定可能です。スマホを普段縦向きで固定している人も、楽に使用できます。
   "設定"⇒"表示"⇒"デバイスの向きを固定"⇒"横置き"
   だいたいこんなイメージで表示できます。
mobilesheets使用例

・楽譜を原寸サイズで確認するためには、10インチクラスのタブレットが必要です。
・楽譜情報としては、アルファベット表示のものを使用することが多いため、
 ローマ字表記で統一することで検索しやすくしています。
・楽譜情報内に曲の長さを登録しておくことで、セットリストの全演奏時間がさくっとわかります。
 同時に、過去の演奏会や発表会での演奏曲目を残しておいて確認もできますね。
・MobileSheetsFreeは、MobileSheetsProの全ての機能が利用できます。
 登録できるソングが8つ、ブックマークが2つ、リンクポイントが2つに制限されます。
 まず使用感を試すには、MobileSheetsFreeで十分でしょう。

●MobileSheetsProCompanionというWindowsアプリケーションが無料で入手できます。
・PCと同期をとることで、PCで楽譜情報を編集やライブラリのバックアップが可能です。
・操作方法
   ①同一WiFi下にPCとスマホを接続
   ②スマホ(MobileSheetsPro側)
      "PCとの同期"を選択
        ⇒IPアドレス(例:192.168.0.x)が表示されます。
   ③PC(MobileSheetsProCompanion側)
      "Connection"⇒"Manual WiFi Connect"を選択
        ⇒上記IPアドレスを指定し、"Connect"をクリック


下記のような方にお勧めです。
・Android対応(普段持ち歩いている端末がAndroid)
・ふと思い立ったときに楽譜の確認をしたい
・公開レッスンや発表会などのとき、その場で楽譜を見たい
・実際のレッスンや譜読みの際は、現状の紙ベースでよい
 (というよりも、むしろ紙ベースのメリットは大きいと思っている)
・ファイルのバックアップand/orクラウド化は必須
 一度電子化を始めてから、不慮の事故で喪失するのはだぶん耐えられない。
・自炊(手持ちの紙楽譜の電子化)自体は別のソフトでも可
   ⇒CamScannerの無料版で十分です。
・楽譜の作成機能は不要(必要があれば紙の五線譜を使用)
・楽譜の再生機能は不要⇒私は使用しませんが、MobileSheetsProには再生機能もついています。

以上、同様の用途で悩んでいる方の一助になれば。
関連記事

tag : お役立ち情報,

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
麻尾佳史と申します。
プロフィールはコチラです。

検索フォーム
カテゴリ
タグ

動画リンク 曲・楽譜 日記 お役立ち情報 演奏・練習のコツ ギター・弦 音楽論 お勧めの本 コンクールの傾向と対策 サイト紹介 自己紹介 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ