FC2ブログ

アイリッシュでスコティッシュなアパラチアン、少しスペイン

本日は少し趣向を変えて、まずはアイリッシュタップダンス、リバーダンスの紹介からスタートです。もう、私が言うまでもない有名なステージですが、もし知らない方は、もう四の五の言わず下記動画を見ちゃってください!曲もダンスも最高級ですから。大学時代にギタークラブの先輩がアンサンブルで演奏していて、かっこよさに唖然としました。元の舞台のビデオを見て、さらに興奮。当時はVHSで映像がこれよりも悪かったんでしょうね。



格好良すぎて言葉がありませんね。残念ながら私のコメントは不要でしょう(ジーン・バトラー可愛すぎ!)。この、いわゆる「リバーダンス」単演目にあたる本ステージの成功を受け、後から舞台として肉付けされた「リバーダンス」が世界を席巻することになります。フラメンコと出会う「ファイアーダンス」や、アメリカと出会う「アメリカンウェイク」などですね。ファイアーダンスでは、フラメンコギターも大活躍します。

ちなみに、アイルランドとスコットランドは地理的にも近く音楽も似ていますね。18世紀ごろには、そのアイルランド人やスコットランド人が大西洋を渡ってアメリカ大陸の東海岸にたどり着き、そこからさらに内陸部を目指すものの「あるもの」に阻まれその付近に住み着きます。ではその「あるのもと」とはいったいなんでしょうか?チャラララチャララララ~♪(世界ふ〇ぎ発見風)

正解は、アパラチア山脈です。なので、アパラチアの音楽にはアイリッシュやスコティッシュの香りがするんですね。ところでアパラチア、と言えば何か思い出しませんか? そうです、アパラチアの夢です。このAppalachian Dreamsは、Sharon Isbin(シャロン=イズビン)の委嘱により、John Duarte(デュアルテ)がアパラチア地方を巡り収集した民謡に基づき作成したギターソロ曲集。というわけで、私の演奏の紹介です。



I.Fantasiaにでてくる Katy Cruel, Shady Grove, The Foggy, Foggy Dewは、いずれもアメリカ民謡でありながら元々はスコットランド民謡、イギリス民謡、アイルランド民謡などとしても存在するという、少し不思議な曲です。II. Black is the Color of My True Love's Hair(黒髪の乙女)も、アパラチア民謡ですが元々スコットランドの曲。ロンドン育ちの友人も、この曲のことはよく知っていると教えてくれました。そして、これはCeltic Womanの演奏でとても素晴らしいものがあります。スコッチ、アイリッシュ、ケルト。アパラチア。それを日本で楽しむ。地理的な繋がりが音楽を通して見えてくるのは、何とも楽しいですね。

Celtic Womanによる Black is the Color of My True Love's Hair がこちら。年月を経て受け継がれる音楽は、どのような形で奏でられても美しいですね。



最後に、こんどはスパニッシュ・ケルトと言うもはやよくわからない?ジャンルの紹介。大学でリバーダンスを通じケルト音楽の魅力に惹かれた私は、「ケルト」と名のつくものを色々聞きました。その時出会ったのが、「The Corrs」とここで紹介する「Luar na Lubre」でした。ルアルナルブレは、スペインなんだけどケルトと言う、私にはもはや解説のできないグループになります。この曲も、ケルトなのかスペインなのか、私はわかりません。が、いいものはいい。音楽は心ですね。、「The Corrs」に関しては、長文になりすぎるのでここでは省きますが、兄+美人3姉妹の4人による人気のモダンケルトグループですので、本稿の音楽に興味を持たれた方はこちらもぜひきいてみてください。
関連記事

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

tag : 曲・楽譜,

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あしゃお

Author:あしゃお
麻尾佳史と申します。
プロフィールはコチラです。

検索フォーム
カテゴリ
タグ

曲・楽譜 動画リンク 日記 お役立ち情報 演奏・練習のコツ 音楽論 ギター・弦 ギタリスト お勧めの本 コンクールの傾向と対策 サイト紹介 自己紹介 行事案内 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ