FC2ブログ
                        

クラシックギターの音色と音量に関する記事まとめ

このサイトではクラシックギターの魅力を伝えたい、と思って色々発信をしています。今日は、そんな記事たちのハブ記事を投稿します。


「ギター」と聞いて「クラシックギター」を思い浮かべる人は、残念ながら少数派だと思います。普通ギターと言えば、エレキかアコギを始めますよね。しかし、その門戸の狭さを越えてクラギにたどり着いた人たち。その人を捉えて離さないだけの魅力があるのもまた事実なのです。私もその一人。エレキからの転向派です。

クラシックギターの魅力の1つは、間違いなくその音色の暖かさ、柔らかさです。そんなよさに気づいたあなたは、逆に音量の小ささや持続性のなさを不満に感じているかもしれません。そんなあなたがギターに関して再考するきっかけになれば幸いです。



○クラシックギターの魅力 ~消えゆく音の美しさ~ http://asao-guitar.com/blog-entry-61.html
クラシックギターの欠点とも思われがちな、「音が持続しない」と言う特徴。それは、クラシックギターの一番の魅力なんです。


○ダブルトップギター、ラティスギターの考察を通じ、ギターに必要な音量に関して考える。 http://asao-guitar.com/blog-entry-295.html
大音量って魅力的だけれど、ダイナミクスも豊かにしたい。音量に対するアプローチを、1度じっくり考えてみましょう。


○「聞こえる音」が本当に全てか 人間の認識能力に関して考える
http://asao-guitar.com/blog-entry-303.html
定量化出来ないことは否定されがちだけれど、別に「自分の感覚」って言う説明できない何かを信じてもいいんですよ。そう言うお話。


○子供のピアノの発表会を見て感じた、ピアノとギターの違い
http://asao-guitar.com/blog-entry-321.html
私はギターが好きだけど、ピアノってやっぱりすごい楽器だ。そこから翻って、やっぱりクラシックギターっていいなぁ。


○クラシックギターにとってのクレシェンドを考える http://asao-guitar.com/blog-entry-310.html
撥弦楽器であるクラシックギターにとって、どうやってクレッシェンドをかけ音量を大きくするのか、と言う難題を1度考えてみましょう。


○[手工ギター紹介] 野辺雅史ギター - 趣味で続けるクラシックギター
https://asao-guitar.com/blog-entry-24.html
「日本的な音」とか「大陸的な楽器」とか勝手に形容してるけど、それってどう言う実際意味なんだろうな。わからんけど、野辺ギターは日本的だと思う。


○マチネが始まらない 話題のあの映画を見ていないおっさんの呟き http://asao-guitar.com/blog-entry-336.html
映画館で大音量でギターの音楽を聞くって、ものすごく贅沢で、クラシックギターの捉え方を根底から覆す可能性を秘めているのでは。
関連記事
                        

コメント

非公開コメント