FC2ブログ
                        

ダダリオ社の良弦プロアルテの偽物にご注意!正規品の確認方法

スポンサーリンク



クラシックギターの弦には色々な種類がありますが、私はここ数年Daddario(ダダリオ社)のProArte(プロアルテ) ノーマルテンションを使用しています。たまに他の弦を試すこともありものの、結局プロアルテの響きが今使用している野辺ギターに合っていて、そのまま使い続けている状況が10年ほど続いています。

一般的な評判でいうと、プロアルテは調弦が安定する、弦自体は特徴が少なく、その分弾き方やギターの違いを活かすことができる、というった感じ。入門者から耳の超えた人まで幅広くカバーできる良品です。

プロアルテの不良品を入手


ところが、そんなプロアルテの品質が突然悪くなった!という話を聞いたのは、年が明けてからレッスンに伺った猪居ギター教室。「調弦も合わないし、音も悪くて使えないから、よかったら試して感想聞かせて」ということで、プロアルテノーマルのEJ45を1セットいただきました。

通常品と違うところとしては、
① 3弦Gの色がなぜか白濁している。
3弦比較


② 弦が2弦ずつまとめて丸められている。
2本ずつまとめられている


③ 肝心の音が違う。立ち上がりが悪く、全体的にべちゃつく。控えめに言って使えない。(汗)

プロアルテ本社に直接メールで問い合わせたところ、「不良品だから替えを送るわ」とのことで、届いた弦は上記3点とも問題なくクリアしていました。つまり、① 3弦は透明で、② 弦は1弦ずつ丸められており、③ 音も今まで通り、安定したいい音。

そうこうしているうちに、プロアルテの模倣品が出回っている、という情報を入手しました。パッケージ内のナイロン袋に書かれているS/N(シリアルナンバー)から、製品が本物かを確認することもできるようです。私の入手した粗悪品では、「正規品のS/Nではあるものの、すでに登録されています。すでにあなたが登録したのでないならば、模倣品を入手された可能性があります。模倣品業者は、過去の有効なS/Nを使うことがよくあります」といった感じのメッセージが出ました。

不良品が不良品だったのか、偽物(模倣品)だったのか、完全に突き止めることは難しいのですが、おそらくは模倣品であった可能性が高いと考えています。というか、プロアルテのこれまでの実績も含めてそうだと信じたい。少なくとも、海外配送の手配をしてくれたダダリオ社への信頼はむしろ高まったとすら感じます。

皆さんもお気をつけください。とはいうものの、パッケージではほぼ判別不可能です。さらにネットで購入となると、気をつけるのも難しいかも知れません。それでも、正規品を購入できたところから引き続き購入する、あまりにも安いところからは購入しない、などの自衛はできるかと思います。

トレモロ奏法の上達に必要な、たった一つの練習ポイント スタッカートを意識して粒を揃える


シリアルナンバーを用れば正規品の判別が可能


先述しましたが、封を開けて怪しい、と思えばS/Nを利用して正規非正規を調べることができます。もしも模造品であれば、その入手経路をダダリオに通報することが販売・顧客双方のメリットになります。慣れれば3分もかかりませんので、少し面倒かもしれませんがしっかり登録を行うようにしましょう。模造品を通報した場合は、替わりに正規品を送ってサポート対応してもらえます。
(追記)
2019/10月末にダダリオのサイトからシリアルナンバー確認を行ったところ、サイトのデザインが下記のように変更されていました。基本的な登録内容には変更がなくく、本サイトの手順を参考にしていただければだいたいイメージして登録できると思います。また時間を見つけて最新のスクショに更新します。

(追記終)



シリアルナンバーは、ダダリオ用語でPLAYERS CIRCLE CODEといいます。これを用いたダダリオ社プロアルテの正規品/模造品識別します。全部で5ステップの簡単な内容です。

確認手順


1. サイトアクセス
ダダリオ社は日本では代理店サイトしか存在しませんので、米国ダダリオ社のサイトに接続する必要があります。
まずはダダリオ社の下記サイトにアクセスしてください。
http://www.daddario.com/PlayReal.Page
ダダリオHPから入る場合は下部メニューの About us ⇒ Play Real から入れます。
Daddario site

※ダダリオサポートに確認しましたが、上記サイトが推奨されました。ほぼ同じで別ドメイン(別URL)のサイトもあるようですが、そちらは使用しない方がよいと思います。精巧な模倣品を作る業者があるわけですから、WebSiteの模倣サイトにも注意をする方がよいでしょう。パッケージにQRコードが書いている場合もありますが、偽造業者は当然パッケージも偽造しているわけですから、こちらは信用しない方が無難ではないでしょうか。


以下『』内は適当意訳byあしゃおです。

2. メールアドレス入力
シリアルナンバー確認の前に、アドレス登録が必要です。私の場合は、アドレス登録しても特に何もメールは来ませんでした。。
『来てくれてありがと!面倒かけて申し訳ないけど、まずアドレス入力頼むわ』
初期画面


3. シリアルナンバー登録
シリアルナンバー(PLAYERS CIRCLE CODE)を登録します。
登録方法もわかりやすくサイト内で説明されているので安心ですね!
『ダダリオでは0(ゼロ)を使っていて、紛らわしいO(オー)は使わないので、そこのところ宜しくね』
※2019/09/13追記 パッケージには大文字の記載でしたが、試しに全て小文字で入力しても登録に成功しました※
登録画面

4. 購入アイテム確認
購入アイテムが正しいかを確認されます。下記例の時は、EJ45-3D(プロアルテノーマル 3セット)で正しいので、そのまま”YES”をクリック。
『パッケージに書いているアイテムは、下に書いてるのと一致しとるかー?』
item確認

5, 結果確認:成功の場合
登録に成功すると、この画面になります。これで、正規品であることの確認は完了です。
『おめでとう!有効なコードで、これは正規品や!』
続けて他の製品の確認に進みたい場合は、下部の「Enter Another Players Circle Code」をクリックします。
他に確認したい製品がなければ、これで完了です。お疲れ様でした。
登録成功

5' 結果確認:失敗の場合
同じコードですでに登録がある場合はこの画面になります。
『注意!このコードは正規ですが、すでに他のユーザによって登録されています。模造品の可能性もあります。詳細情報を報告していただけると大変ありがたく存じます。』
というわけで、下部に「Report Counterfeit(模造品の報告)」のボタンが出ます。こちら使用してダダリオへ詳細連絡ができ、購入先情報/自宅住所などを入力することで代替品の送付を要望することも可能です。
ちなみに、私はこの画面をキャプチャするためにわざと自分のコードで2回登録をしてみました。1回目は登録成功、2回目は失敗でこの画面に遷移、ということで正しく確認が取れていますね。


二重登録


あるいは、無効なナンバーを入力した場合はこう。
『無効なコードです。再入力してください。模造品の可能性があります。』
画面キャプチャ用に適当な番号を入力すると、こうなりました。
非正規な番号

下部の「Report Counterfeit(模造品の報告)」に関しては、二重登録になった場合と同じですね。

不良品を購入しないために


最後に自衛策です。
・正しいルートで購入する
・極端に安いところは注意する
・開封前に正規品化かを確認する
・非正規品であればダダリオに通報する
・非正規品のルートでは以降購入しない、あるいは是正を求める

以上、長文お付き合いありがとうございました。



元々いい弦を販売してくれているところなので、こんなことで評判が落ちるのは残念だと思い、今回記事にしました。最近質が悪くなった、と思われた方はもちろん、初めて購入し「大したことないな」と思われた方は、ぜひ正規品であるかの確認、入手をしてみてください。

関連タグ:お役立ち情報
関連タグ: ギター・弦

2019/4/15 初稿
2020/4/29 別記事と統合し再投稿

関連記事

スポンサーリンク

                        

コメント

非公開コメント