FC2ブログ
                        

ピンチはチャンス ギターに触れない時こそ、楽譜を読んで練習する

スポンサーリンク



コロナウイルスの件もあるのでアメリカ出張に行くか悩んでいる、と言う記事を先日書きました。悩みましたけど、結局行きますアメリカに。。

しんどいときも我慢して働く日本人の美徳(社畜根性?)がウイルス蔓延の原因の1つだって?大丈夫だ、体調に異変を感じたら出張なんてキャンセルしてやるぜ! と息巻いているときに限って、体調悪くならないもんで🗿 体温測りまくったけど平熱なんだもん、仕方ないよね。。後はアメリカで発症しないことを祈るのみ。。なんて思いながら、この記事を国内線と乗継待ちでシコシコ書いてました。このあと何も無ければ、次の更新はアメリカからの予定です。仕事ぼちぼち頑張るぞー(ぉ~


出張中はギターが弾けない


仕事での出張なので、ギターが弾けない。これはまぁ仕方がないですね。と言うか、私の場合は普段も平日はギターをほぼ弾けてないので、実はそこは大きな問題ではありません。普段から弾けてるに越したことはないんで自慢にはならないですけれど、まぁ事実なので仕方ないですね。こう言うときこそ「普段弾けていないとき」にどう備えができているかが大切になります。

私は今では、ギターを触れない時間を悲観することはほぼなくなりました。ギターに触りたいですし、時間を作る努力は必要ですけれど、無いものねだりをしても仕方がありません。それよりも、「自分はギターを触らない時間に対処できている」と考える方が得策です。

大丈夫、ギターを持たずに練習するから


目の前にギターがあると触りたくなるでしょ?当たり前と言えば当たり前なんですけれど、そこにギターがあれば音を出したくなるでしょ?けれども、実はギターを触らない練習がギターの上達には不可欠なんです。何を言ってるんだ、と思われるかもしれませんが、これはたぶん間違いありません。
これ、ギターを弾かないときの「勉強」ということもできますが、あえて「練習」という言葉を使っています。「勉強」って言われたら嫌になる方もいますよね、きっと。趣味なのに勉強って、と。けれども「勉強」ではなく「練習」なんだと捉えれば、もっと魅力的な演奏をするための「練習」にギターを持たずに取り組むんだ、と思えば少しは気持ちが前向きになりませんか?

なぜギターに触らない練習が重要なのか


ギターに触ると、どうしても意識が指の動きに持っていかれます。そりゃそうですよね。だって、実際に指を動かしているんだもの。それから、音にも気を配る必要があります。綺麗な音で演奏したいものね。

そうすると結果として、「楽譜」を意識するのがとても難しくなるんです。これは音楽に限らず、人間っては大概そうだと思います。たいてい1度にたくさんのことに注意するのは難しいんですよ。スマホ見ながら歩いたら躓きます。テレビ見てたら宿題は疎かになります。そんなもんです。だから「自分の指の運動」に注目しながら「出ている音」の行く末を聞き遂げる、この2つを同時にできたら大したものです。たいていレッスンでも、「旋律を歌わせて」と言われたらテンポがおかしくなって、「リズムを意識して」と言われたら和音のバランスが崩れるんです。そんなもんですよ、たぶん。。


だからこそ、楽譜を解析するときは楽譜だけを見る


楽譜上で主旋律と内声の関係を見る。繰り返しや変奏を確認する。和音の変化を追いかける。こう言った確認には、ギターは不要です。というか、場合によっては邪魔かもしれない!・・言い過ぎました。。いやでも、邪魔ではなくても、ちょっと遠慮しといてもらった方がいい場面と言うのは多分あるんですよ。

ギターを弾くのが楽しいと、指を動かす練習に気を取られていると、ギターを持たない時間を取ることがなかなかできない。結果として、とりあえず指は動くようになって、何か凄いたくさん音が出てるけど何やってるかわからない演奏が出来上がります。ギターに触る時間を有効活用するためにこそ、ギターも持たない間にどれだけ準備するかが大切なんです。

うーん、いつもの事ながら書いてることが自分に跳ね返ってきますね。。これを一般にはブーメラン芸と呼びます。。

譜読み、暗譜に際して考えて欲しいことまとめ

ピンチをチャンスに。旅行や出張はいい機会です

 
ギターに触らない時間にできることは、楽譜を読む以外にもたくさんあります。過去に取り組んだ曲の楽譜を改めて眺める。あ、これ楽譜を読むことだった・・。気を取り直してやり直し。基本的には「本を読む」ことのススメになるんでしょうけど、今はインターネット経由で知識を得ることも簡単ですからね。例えば、

・メンタルトレーニング
・呼吸法
・音律/ 音階の勉強をする
・和音の勉強をする
 この2つは「練習」じゃなくて「勉強」だわ、、でも勉強も時には役に立つのよ。。
・好きな音楽家の生涯を知る
・ギターのブログを読む。このブログとかたくさんヒントあるよ!

冗談めかして書きましたけれど、このブログは本当に読む価値があると信じて書いていますからね!宜しくお願いします。

後書き: 知らないことに挑戦することは誰にもできない

音楽は言語を要しない芸術と思われがちですけれど、その上達のためには言葉を用い頭を使うべきです。頭を使うことが「必要である」とは言いません。でも、結局は自分のやっていること、できていないことを理解することが上達の近道なんですよ。

そして、「できていないこと」を把握するには、他者の知識を活用するべきなんです。知らないことを理解することは非常に難しい。けれど、例えば掛け算を理解することは、自力で掛け算を発明することと比較すれば遥かに簡単です。このブログでは、答えに導くことまではできなくても構わない、けれどきっかけを与えることはしたい、と思って続けています。この単語なに?そんな方法あるの?そう思ってもらった時点で、本ブログの目的の一端は達成なんです。

もちろんある種の解やアプローチまでこのサイトで到達できるに越したことはない。けれども、それはプロに任せたほうが早い場合もある。人に依って最適解が異なる問も多いし、そもそも解が存在せず問だけを携えねばならないこともある。けれど、問を認識することに成功すれば、その前よりも確実に世界が拡がります。あとはさらに自分で調べるなり、先生に聞くなりしてもらえればいい。もちろん私に聞いていただければ、できる限り説明したいと思います。

↓いっこうに質問の集まらない質問箱はこちら↓
匿名で聞けちゃう!あしゃお@趣味ギさんの質問箱です | Peing -質問箱-
https://peing.net/ja/asaoguitar
※いや、過去の質問見てもらったら分かりますけど、「そこまで求めてへんわ!」って突っ込みたくなるくらいの内容返しますよ、まじで※


「無知の知」という言葉をソクラテスは残しました。「言葉の限界が世界の限界を規定する」とウィトゲンシュタインは表現しました。世界を少しずつ広げていく。一歩ずつ歩みを進めていく。

本稿を読んで、「ギター持たない練習」の存在に気づき、そしてその練習を始めてくださる方がいらしたら、とても嬉しく思います。
関連記事
                        

コメント

非公開コメント