FC2ブログ
                        

伊藤亘希先生のワンポイントアドバイスを受講しました

脱サラ系ギタリストとして有名な伊藤亘希先生のワンポイントアドバイスを、モニタ受講させていただきましたので、その感想を紹介させていただきます。結論としては、受けてみてとてもよかった!伊藤先生のレッスンという点でも、動画レッスンという形式に関しても推薦させていただきます。

伊藤亘希さん


日本を代表する脱力系ギタリストじゃない、えぇっと脱税系ギタリストでもない、脱サラ系ギタリスト、伊藤亘希さん!2020年3月現在、ドイツはワイマール音楽院で研鑽を積まれています。これは私の勝手な感想ですが、ギタリストとして活躍される方には言葉の使い方がうまく文章も読んでいて楽しい人が多い。伊藤先生ももちろんそのおひとりで、特に「私がドイツに来るまで」シリーズがとても面白い。皆さんもぜひ読んでみてください。

伊藤亘希先生のプロフィールはこちら。(ご本人サイトです)

プロフィール - 伊藤亘希 Koki Ito

プロフィールは2種類あるのでお好きな方をお読みください(笑) 埼玉県出身の脱サラ系クラシックギタリスト。 家族の影響で、小学生のころから70年代フォークソングの弾き語りを始める...



伊藤先生が小学生の時に最初に弾けるようになった曲は「神田川」とのことですが、これはレベル高いですね。BはB7で回避するとしても、Bmが出てきますから。。ちなみに私は、吉田拓郎の「夏休み」が最初の一曲です。本当は「落陽」が弾きたかったのですけれど、Fを回避するためにオープンコードのみで構成される曲を歌本で探したんですよ(笑)。

そんな伊藤先生が今回新たに始められたサービスが、このワンポイントアドバイスです。たまたまツイッターを見ていたところ、モニタ募集とのことでしたのですかさず申込みをさせていただきした。

ワンポイントアドバイスサービスとは?


伊藤先生のブログよりサービス内容を紹介します。今ならβ版とのことで、4/26まで2,000円とのこと。それ以降は正式版として再スタートされるとのことです。

続きを読む

関連記事

"さくら"による主題と変奏(横尾幸弘) 演奏紹介および版による楽譜の差異について

"さくら"による主題と変奏
Theme and Variations by Japanese Folk Song "SAKURA"



作曲:横尾幸弘(様々な版がありますが、上記演奏は改訂版を使用しています。というか、版だけでなく、タイトルも色々言われますよね。「さくらの主題による変奏」とか、「さくら変奏曲」とか。)

日本人なら誰でも知っているさくらさくらの民謡、クラシックギター向けの変奏としては、横尾幸弘さんのものが定番です。John Williams(ジョン・ウイリアムス)の演奏で一躍有名になったということです。

以下、楽譜の版の紹介です。

続きを読む

関連記事

「第三の場所」を作る。趣味を勧める本当の理由

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
一九八〇年代に入って、アメリカは価値観の断片化が進んだ結果、過剰なハイテンション社会になりました。職場では競争のプレッシャーが強く、家庭でもいろいろな問題があります。そうした人々は、職場とも家庭とも異なる「第三の場所」を欲しているのではないか、というのがシュルツさん(※)の洞察でした。ドイツのビアガーデンやイギリスのパブ、フランスやイタリアのカフェのように、ヨーロッパには「人々が安心して集える避難場所」(a safe harbor for people to go)が確立していますが、アメリカにはそうした場所は希薄でした。つまり、コーヒーを売るのではなく、くつろいだ雰囲気の中でテンションを下げるという経験なり文化を売るというのがスターバックスのコンセプトで、コーヒーそのものはそうした経験を提供する手段であるという考え方です。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

ストーリーとしての競争戦略 楠木建(東洋経済) P268
※ハワード・シュルツ、スターバックスの元オーナー、元CEO



2011年にビジネス書大賞を受賞した名著「ストーリーとしての競争戦略」に出てくる、スターバックスコーヒーのコンセプトに関する記述です。私は元々実はスターバックスコーヒーにあまり興味がなかったんですよね、あんなところおしゃれな陽キャの行くとこやろ、てなもんで(笑)。けれどこの本を読んでからそのコンセプトのファンになり、頻繁に足を運ぶようになりました。通勤の乗換駅に1店舗、車でギター教室に行く途中にもう一店舗、出不精な私でも通いやすい立地にあるというのが最大の理由ではありますけれど・・(笑)。

「第三の場所」のコンセプト実現のためには顧客にリラックスしてもらう必要がある。雰囲気が大切であり、回転率は重視しない。そのカギとして、スターバックスはフランチャイズ制をとらず直営方式を採用している。と言った話がつづられます。この話自体、とても面白いのでぜひ一度手にしてもらえばと思います。ビジネス書としては10年近く前で鮮度が落ちていることは否めませんが、名著は色あせない。そもそもこの本は、ビジネスの「答え」ではなく「考え方」を重視するという内容なので、時代にそこまで大きな影響は受けません。


「第三の場所」を持つことは、人生を豊かにする


家では父として、子としての顔がある。会社では上司として、後輩としての役割がある。通勤や通学の途中にコーヒーの味と香りでゆっくりするのは、とてもいい気分転換になります。私もコーヒーは大好きで、休日時間があれば、家でミルを使って豆を挽くところから香りを楽しんでいます。最近の、というかここ2, 3年のお気に入りは、トラのマークが特徴的なスターバックスの「スマトラ」です。アジア産の豆で、一般的に言うと大地の香り、ということになるそうです。それをゆっくり少しずつドリップすることで、すごくなめらかで豊かな味わいを楽しめます。それで豆を紹介しようと思ったら、インターネットやとやたら高いやん!お店で買えば袋1000円強なので(それでも高いけど)、ぜひそちらで購入して試してみてください。トラのマークを紹介したくて2017年コーヒーパスポートを見たところ、感想としてはどスレートに「おいしい」と書かれていましたw


続きを読む

関連記事

ストレスが溜まるので、ダイエットすることにしました

皆さまいかがお過ごしでしょうか。私はかなりストレスフルな毎日を過ごしています。サラリーマンをさせていただいてますので、個人事業主の方や飲食・サービス業の方の不安や焦りとはレベルが異なることは重々承知さているものの、それでも日々ストレスは溜まっていきます。

そんな中、運動量が落ちていることも関係するのでしょうか、明らかにお腹周りが太ってきました。生活パターンが変わり、ストレスを抱えることで、体重が増える方向に影響してしまったようです。

と言う事で、日々を健康的に乗り越え、かつ身近な目標をクリアすることで精神的にも安定したいと思い、ダイエットすることにしました。2時間ほど前に決めました。ダイエット自体は好きとか嫌いとかはないんですけれど、空腹感が心地よく感じる瞬間とか、体重計に乗ったときの達成感とかは嫌い所ないんです。あれ、てことは好きなのか・・?

万年ダイエットと揶揄される私ですが、本気出せば結構いけると思うんです。どうせ飲み会や外食がしにくい時勢ですから、摂生は比較的しやすい時期だとも思うんです。あとは、ここで宣言して退路を断つのみです。こう言うのは勢いです。。ダイエットの旅へいってまいります。

とりあえず、マイナス5キロいくぞー。達成したらみんな褒めてね。
関連記事

自分でできるMindfulness

※2020/3/22追記
マインドフルネスのポイントの1つは、不確定な未来や不安に振り回されないようにしよう、と言うことです。

新型コロナウイルスの様々な情報が錯綜しますが、自分にできることを捉えて前向きに過ごしたいと思います。※

自分でできるマインドフルネス:安らぎへと導かれる8週間のプログラム 安らぎへと導かれる8週間のプログラム
マーク・ウィリアムズ、ダニー・ペンマン 著 佐渡充洋、大野裕 監訳

すっかりご無沙汰しております。

とある事情から、最近 ”Mindfulness” の勉強/ 実践に取り組んでいます。
これを私なりの言葉で説明すると、仏教などで伝統的に引き継がれてきた瞑想から宗教的な側面を取り除き、瞑想の実践そのものの中に安らぎを見つけよう、とするものです。(瞑想だとか安らぎだとかいう言葉を使うと少しばかり胡散臭さを感じられる方もいるかもしれませんが、マサチューセッツ大学で研究され医学的見地からの有効性も確認されています。)

この中では、特に「呼吸」を通じて今に集中する訓練を行っています。基本的に音声ガイダンスに基づき瞑想をしており、その中では、「瞑想中に心がさまよっても、それは悪いことではありません。心がさまよったことに気づき、そして意識を呼吸に戻します。」という内容が繰り返されます。

このマインドフルネス、生活全般や仕事などに活かせるのはもちろんのこと、ギターにも活かすことができるように感じます。演奏中に心がさまようことは起こりがちな問題ですよね。今まさに取り組んでいるパッセージとは違う先の難所が心配になったり、誰かの咳払いや視線がやけに気になったり・・。そんなときに、心がさまよっていることをただ認識、それの善悪を判断するのではなく、単にまた演奏に集中する。これは非常によい訓練になりますね。

また、瞑想自体の中で、呼吸の仕方や身体の状態との向き合い方も学べるため、自身の演奏に関して精神的な問題を課題と考えてらっしゃる方には大いにお勧めできると思います。

私は、自分でできるマインドフルネス:安らぎへと導かれる8週間のプログラム(創元社)で勉強中です。興味ある方は一緒にいかがでしょうか。

※この本、内容は素晴らしいと思いますが、付属CDの声はそこまでやすらがないですね・・(失礼)。単なる一時的な安らぎ目的なら、クラシックギターの音色の方がほっとします。w




関連記事